正直怖い…彼女の生理前のイライラに対する男性の本音

正直怖い…彼女の生理前のイライラに対する男性の本音

女性同士の間でも話題に上りづらいのが生理の話題。


「生理前から生理中にかけて月の半分くらい体調が悪い」という方も少なくはないのではないでしょうか。


その間、ネガティブな気持ちが止まらなくなって彼に当たってしまう女性も多いようです。


彼女の生理前のイライラ(PMS:月経前症候群)に対して男性が感じている本音に対して聞いてみました。



怖いから会いたくないのに断ると怒られる


「とにかく感情的になって当たり散らされることが多いので、生理前の彼女にはなるべく会いたくないのですが、『今日はちょっと』などと適当に断ろうとすると『私のことが嫌いなのか』とそれはそれでキレられるし、どうしていいか分からなくて辛いです」(25歳/外資系保険会社勤務)


不安定な時期は彼に抱きしめて欲しい……。と思う反面、実際に顔を見ると気になる点や過去にされたことを思い出して感情的になってしまうというケースもあるようです。


会わないほうが平和で過ごせるのか、会ったほうが安定するのかは試してみて正解を見つけていくほうがいいでしょうね。


甘い物を食べ過ぎでは?と思っている


「夜中に起き出して冷蔵庫の前に座ってケーキやアイスを食べている姿を見て『怖い』と思ってしまいました」(29歳/アパレル関係)


生理前はなぜか過食に走ってしまう人も多いと思います。顔も体もむくむし、やめたいと思いつつ止まらないんですよね。


自分でも止まらない食欲に悩まされている女性も多いのではないでしょうか。


ついつい食べてしまうのを避けるためには「買わない」のが一番良いのかもしれません。彼の前での暴食は引かれる可能性が高いので、あまり見せないほうが良さそうですね。


個人差がありすぎて、よくわからないと思っている


「今の彼女は全くそういう波を感じさせない人なんですよね。コントロールが上手いのか、体質なのか分かりませんが。でも、あまり感情の起伏が激しい人だと付き合えないと思います。以前、元カノが浮気を疑って一晩中泣かれたことがありましたが、生理が終わったらケロッとして。振り回されて大変でした」(28歳/不動産関係)


「生理前の私と生理後の私を一緒にしないで」と思う女性もいるかもしれませんが、男性の側からすると同じ人間がここまで豹変して攻撃的、悲観的になるのかと冷静に受け止めるのは難しいでしょう。


「辛いから理解して!」と訴えるだけではなく、解決方法を探している姿勢を見せるなどすれば彼も受け止めやすくなるのではないでしょうか。


PMSが原因で別れてしまうケースもある


生理のない男性にとっては、女性の辛さを理解するのは難しいもの。


優しい彼は最大限に頑張って受け止めようとしてくれるかもしれませんが、限界もあります。


女性が「私だけが辛い」という感覚だと、いつの間にか彼の心が離れてしまうかもしれません。「当たられるほうも辛い」という感覚は忘れないでいたいですね。


(上岡史奈/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ