やっぱり彼女が一番!改めてそう思う瞬間3つ

やっぱり彼女が一番!改めてそう思う瞬間3つ

カップルにどうしてもやってくるのが倦怠期。そんな時、お互いに気持ちが離れてしまうことがあります。


ですが、そんな時こそ、カップルは正念場です。


このままうまく別れずに乗り越えられたら、きっとさらに深く付き合えるカップルになっていけるのでしょう。


けれど、なかなかそこが難しいところでもあります。


お互いの気持ちが再び引き寄せられるには、彼にやっぱり彼女が一番って思ってもらうことが大事です。


そこで、ここでは、彼がそう思う瞬間を3つ紹介したいと思います。



彼の心をがっちりつかんで、倦怠期をうまく乗り越えていくようにしましょう。


幸せのハードルを下げる


男性にとって、何をしても喜んでくれない女性より、ちょっとしたことでも喜んでくれる女性の方が好感を持てます。


人はやっぱり喜ばれるとうれしくなるもの。ちょっとしたことでもしてよかったなって思いますよね。


だから、ちょっとしたことでも喜んでくれたら、ついつい相手に貢ぎたくなっちゃいます。


そんなラブラブ関係が築ければ、やっぱり彼女が一番と改めて思ってくれることでしょう。


一方で、何をしても喜んでくれない女性は、ハードルが高すぎて、そのうちハードルを飛び越えるのをあきらめてしまいます。


彼の方でもうまくいかないストレスがたまってしまうかもしれませんね。そうなると、なかなかやっぱり彼女が一番とはいかないでしょう。


こんな時期こそ、幸せのハードルを下げておいて、彼のちょっとした気持ちにわかりやすく答えてみるといいですね。


「やっぱり好き!」と考えさせる時間を作る


実はマンネリになるのはカップルの鮮度がなくなったときといいます。


付き合いが長くなるにつれて、相手の行動が読めたり、相手の考えることが先回りして分かったりして、新鮮さがなくなります。


そうなると、相手がいることにときめきを感じなくなったり、非日常だったデートが日常になったりするんですね。


だからこそ、ふたりが一緒にいられるのは当たり前ではないということがわかれば、やっぱり彼女が一番という気持ちは戻ってくると思います。


そのためには、わざと連絡を絶つ、わざと会わないでおくなど、彼が予期せぬ行動をしてみましょう。


そうすることで、彼の心もゆさぶられて、改めてあなたのいない生活が身に染みるでしょう。こんな時にやっぱり彼女が一番と思いますよ。


彼のピンチの時に親身になる


彼がピンチになった時に親身になることも、やっぱり彼女が一番と思うきっかけになります。


マンネリの日常を非日常に変えるにはアクションが大事になってくるんですね。


例えば、病気で臥せっているときに看病に来てくれたら、彼はやっぱり彼女が一番って思うでしょうね。


特に、彼の好みの味のお粥を作ってくれたり、りんごをすりおろしてくれたりすれば、こんなときだからこそ骨身に染みます。


彼がピンチの時は積極的に親身になって助けてあげましょう。そうすることで、彼も改めてあなたのことを見直すはずですよ。


まとめ


ドラマでも何かをきっかけに一度は別れた二人が告白したり、付き合ったりすることってあります。


改めてなにかない限り、ドラマチックな展開もありません。気持ちは常に揺れるものです。


マンネリ打破はこちらからきっかけを作ることも大切です。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ