意識しちゃう…男性が思わずムラムラする女性の言動

意識しちゃう…男性が思わずムラムラする女性の言動

相手に異性を意識する瞬間は、肉欲が刺激されるとき。


「いいな」と思う相手は、どこか性的な魅力を感じるからこそ、惹かれるのだと思います。


つまりは、肉欲を刺激させる女性になることが、モテにつながるといえそう。


今回は、参考までに男性が思わずムラムラしちゃう、女性の言動を集めてみました。



呼びかけ時に体を触る


スキンシップをうまく図れる女性は、モテる女性だと思います。


たとえば相手を「ねえねえ」と呼ぶとき、背中をポンポンと叩くのもそのひとつ。


背中ならどんな相手でも割と触りやすい場所ですし、シチュエーションを選ばないでしょう。


気になる人を呼び止めるときがあれば、ちょっと意識してスキンシップを図ってみて。


ほかにも飲み会時など、好きな人と隣の席に座るシチュエーション時に相手の太股などに手を当てたり…。


こんなふうに、否応でも意識させる手もありますね。


しかしこの場合、両想いの確信があるときや、すでに恋仲の関係にあるときだけに留めておきましょう。


面白おかしいときなど、勢いでポンと手を当てて、上手に相手のドキドキを誘ってみて。


接近戦で肌の露出を使う


好きな人とのデート時、どんな格好をしていこうか、悩む女性は多いはず。


それこそ、“ここぞ!”というデートのときは、スカートやワンピースを着て、女性らしさをアピールしたくなりますよね。


男性の多くは、視覚で恋をする生き物です。生足、生腕など、露出が高い服を着てこられると、ついその生肌に目が行ってしまう男性は多いのです。


ましてや相手との席や距離が近いとなれば、そのときはもう大変。


チラチラと目が行って、意識せざるを得ないでしょう。


下手に男性に気を遣わせてしまうのも、変な雰囲気になってしまいます。


勝負服は相手との関係とシチュエーションを選んで、上手にタイミングを狙いましょう。


また、露出が多すぎるのも下品に見えてしまうのでNG。


腕だけ、デコルテ、足だけなど、自信のあるポイントだけに絞って露出してみて。


相手の耳元でひそひそ話


“パーソナルスペース”という言葉を聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。


いわゆる“自分の縄張り”は、男女によって異なるといわれています。


女性よりも男性のほうが、パーソナルスペースは広いため、相手との距離が近いと、否応でも相手を意識してしまうようです。


ましてや、その相手が好きな人となればなおさらでしょう。


内密の伝言や連絡があるときは、わざと相手との距離を近くして、ひそひそ声で話しかけてみてください。


できるだけ耳元近くで話しかけることで、相手は否応でもあなたに異性を感じずにはいられないでしょう。


おわりに


いかがでしたか。すべては、彼と関係を図るテクニックに過ぎません。基本はふたりの関係があってこそ。


でも、彼に恋を意識させる、雰囲気を盛り上げるワンポイントとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ