こんな彼女なら夢中!彼氏をゾッコンにさせるコツ

こんな彼女なら夢中!彼氏をゾッコンにさせるコツ

男子の好みは人それぞれですが、翻弄してくる女子というのはどうしても心奪われ夢中になりやすいです。


そう、彼を自分に夢中にさせたいのなら上手に翻弄すべきです。


そこで今回は、彼をほどよく翻弄させるコツをご紹介します。



LINEは急いで返信しない


スマホの画面に彼からのLINE通知があるのを発見した途端、今やっていることを中断してまでLINEを読んでいません?


で、即返信していません?交際当初はそれでもいいと思います。一番盛り上がる時期なので、気持ちのまま大いにLINEも盛り上がって良いでしょう。


けれど、数ヶ月経っても即返信、というのはあまりおすすめしません。


いつでも彼女からすぐ返信が来ると、彼に『返信まだかなぁ』という待ち遠しい気持ちが生まれません。


そうなると、彼は安心仕切ってしまうし、マンネリにもなりやすいです。


急いで返信するよりも、時間が出来た時にゆっくり返信した方が、彼にも「返信まだかなぁ」と待ち遠しい気持ちが生まれるし、「いま何しているのかな?」とあなたを思う気持ちも出てきますから。


緊急の用なら早く返信した方がいいですが、雑談的な内容なら急ぐ必要はないかと。


彼を夢中にさせたいのなら、会っていない時にもあなたのことを考える時間を作らせたほうがいいです。


尽くすのではなく尽くしてもらう


彼のことが好きすぎて、彼が自分の元からから離れないように尽くしてしまう女子もいるかもしれません。


でも、彼を夢中にさせたいのなら尽くすのではなく、尽くしてもらった方がいいです。


ただ、「あれして!」「これして!」など命令口調では、単なるわがままなのでよろしくないです。できれば、「できないから手伝って欲しいな」とか「今度一緒に温泉行きたい。ダメ?」などのお願い系で。


それなら彼もなるべく叶えようとしてくれるし、叶えた時に彼女が全力で喜んでくれたら、彼も「手伝ってよかった♡」と幸せな気分になりますよ。


彼女に何かしてあげて、結果自分が幸福感なら、彼だって率先して彼女に尽くすようになります。


尽くす喜びを与えることができたら、彼に雑に扱われることはないですから。


さりげない気遣いと優しさは忘れずに


「気遣いと優しさって何?」って思う女子もいるかもしれません。


例えば、彼が風邪をひいた時に「大丈夫?」と軽い心配をするのではなく「熱は?動ける?」「ご飯は食べれる?」など、一歩踏み込んだ心配したり、看病に行ってもいいか聞いた時にOKなら、実際彼の家に行って看病したり。


距離的にも看病に行くのが難しいのなら、風邪が治るまで毎日「具合は?」と、聞いたりするのも十分気遣いだし優しさです。


言うなれば“物理的には尽くさない母親”的な部分があると彼もハマりやすいですよ。


おわりに


正直、気遣いが出来て優しいけど、依存してこないし変に尽くしてはこない。


むしろ、こっちが尽くしたら全力で喜んでくれる彼女は、彼氏からしたら最高です。


男子ってやっぱり“彼女にしてもらう”よりも“彼女してあげたい”気持ちの方が強いんですよね(もちろん人にもよりますが)。


自分がしてあげたことで彼女が喜んだり笑顔になると、自信に繋がるんでね!余計好きになりますよ!


(美佳/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ