プライベートビーチ付き!ベッカムの別荘と同じ“島”に…倉沢淳美ドバイ生活に独占密着!

プライベートビーチ付き!ベッカムの別荘と同じ“島”に…倉沢淳美ドバイ生活に独占密着!

5月9日(木)21時~『直撃!シンソウ坂上』




倉沢淳美


今回は2人の芸能人の海外移住生活の真相に迫る。1人は、ハワイ在住の相原勇。もう1人は、1982年に国民的人気番組『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(1976年~1986年)で芸能界デビューし、3人組アイドル「わらべ」の“かなえちゃん”として人気を博した倉沢淳美。





現在、倉沢が暮らすのは中東随一の国際都市・ドバイ。世界中のセレブが集うことでも知られており、彼女の自宅があるのは“サッカー界の貴公子”と称されたデービッド・ベッカムが別荘を持つ、ヤシの木をかたどった世界最大の人工島「パーム・ジュメイラ」。

倉沢の自宅は、絶景のオーシャンビューで、居住者専用のプライベートビーチもある超高級マンション。倉沢は現在、石油関連会社に勤めるオーストラリア人の夫・ジェームズさんと2匹の愛犬と暮らしているが、密着当日はカナダに留学中でInstagramのフォロワーが11万人を超えるという、娘・ケイナさんが半年ぶりに帰省。倉沢には、ケイナさんの他にもオーストラリアに留学している2人の息子がいる。

倉沢が「ドバイでの生活で最も大変だった」と語るのは、3人の子供たちと一緒に暮らしていた時の食費で、何と1カ月で40万円もかかっていたという。番組では、倉沢とケイナさんのスーパーマーケットやショッピングモールでの買い物に同行。そこで、ドバイの衝撃的な物価が明らかに!

その後、倉沢はドバイに来てから知り合ったという“ママ友”たちとのランチへ。ドバイは税金が少ない「タックス・ヘイブン」として知られ、海外企業がこぞって進出してきている。またドバイの職業別平均月収は、不動産業で100万円以上、公務員で150万円以上と高額な上に所得税がかからないため、丸々手取り給与となる。

そのため物価が高くても生活ができる仕組みとなっているが、それでもインターナショナル・スクールの年間授業料が300万円以上と物価だけでなく教育費も高額。ランチでは主婦たちの愚痴が尽きない。また、倉沢のインタビューでは、夫・ジェームズさんとの意外な出会いのエピソードや、彼女がドバイで生活を続ける背景にある思いなどが明かされる。





番組概要


『直撃!シンソウ坂上』


<放送>


5月9日(木) 21時~21時54分


<出演>


【MC】
坂上 忍

【VTR出演】
相原 勇
倉沢淳美 


【スタジオゲスト】
木佐彩子
薬丸裕英
(五十音順)

カテゴリ