超能力者による殺人!?姫川が暴く…ガラケーに残された番号の謎

超能力者による殺人!?姫川が暴く…ガラケーに残された番号の謎

5月9日(木)22時放送『ストロベリーナイト・サーガ』第5話





第5話完全版


板橋区のアパートで50代男性の死体が見つかった。死因は全身数カ所刺されての外傷性ショック死。現場に駆けつけた姫川玲子(二階堂ふみ)たちに高島平南署の相楽康江巡査部長(宮地雅子)が状況を説明する。殺害されたのはこのアパートの住人、吉原秀一(小林隆)だった。指紋が拭き取られた凶器の包丁はこの部屋のものと思われた。死体の傍にある、“ある印”に気づいた姫川に、相楽は吉原の持ち物と思われる折りたたみ式携帯電話があったと見せる。

相楽によると携帯には入力途中の番号「0456666*」が表示されていたという。また、姫川は部屋の中にマジック関連の書籍やグッズが多数あることに気付いた。事実、相楽は吉原の職業がマジシャンだったと伝える。

高島平南署に捜査本部が立ち上がり、姫川たちは吉原の携帯電話に登録されていた人物から聞き込みを始める。すると、登録リストの中に驚くべき名前を発見。なんと、警視庁捜査一課の勝俣健作(江口洋介)の名前が入っていたのだ。





姫川は勝俣に尋ねるが、知らぬ存ぜずの一点張り。姫川はこの件を今泉春男係長(山口馬木也)に相談すると、今泉は「勝俣の件は俺が引き取る」と言い、姫川は登録リストにあった他の知人や友人に聞き込みを開始する。

菊田和男(亀梨和也)が聞き込みに行ったマジック専門洋品店の店主は、吉原が店の常連で他の客と揉めていたと証言。店主によると、吉原とは顔見知りのようだったが、店主はその客の名前を知らなかった。姫川は相楽と吉原の競馬仲間、青木伸介(速水竜也)の話を聞く。青木は吉原がマジシャンではなく“超能力者”だと話す。そして、吉原が“タニグチ”という男に何かを必死に頼まれていたが断っていたことを思い出した。

葉山則之(葉山奨之)は、吉原が所属していたプロダクション代表を訪ねる。代表は吉原の過去はよく分からないと話す。また、吉原のマジックの中には同業者でも見破ることの出来ないネタを持っていたことも話した。





姫川と相楽は吉原の従兄弟、斉藤晴彦(岩田 丸)と会う。斉藤は十年以上、吉原とは会っていず、“タニグチ”という名前にも心当たりはなかった。また、斉藤は、吉原が人に恨まれるような人物ではないとも語る。斉藤のもとを辞した姫川たちは定食屋で食事。そこに、井岡博満(今野浩喜)が来る。相楽は吉原の知り合いたちが口にする、超能力者ではないかという話題をふるが、井岡は否定する。

すると、姫川が二人の前でマジックを披露する。不思議がる井岡たちに、姫川はタネ明かし。超能力などないと言い切った。

数日後の捜査会議で、吉原の殺害現場近くの公衆トイレで犯人と見られる男の目撃証言が報告される。男は衣服らしきものを洗っていたという証言から鑑識課に調べさせたところ、吉原の血液反応が認められた。さらに、鑑識課は吉原の携帯電話についても報告。吉原が最後に触ったのは携帯の蓋部分ということになる。しかし、現場で発見された携帯電話の蓋は開いていた。この食い違いについては、引き続き鑑識課で再確認することになる。捜査員の中にも吉原の不思議に能力があった可能性を話す者も出てきたが…。





そんな折、“タニグチ”の名前と住所が判明する。谷口寛(兼松若人)は、吉原と同じマジシャンだった。姫川たちは直ちに谷口を任意同行することにし、逃げようとする谷口の身柄を抑えた。取り調べで、谷口は吉原殺害を否定。自分はマジックのタネを教えてくれない吉原のマジック道具を壊したり、ネットに嫌がらせを書き込んだことで警察が来たと思ったと打ち明ける。

谷口の事件当夜のアリバイが確認され、公衆トイレの目撃者も谷口ではないと確認した。そこに、姫川とバディを組んでいる相楽が風邪で病欠になったと連絡が来た。姫川は菊田と捜査に向かう。現場に向かう途中、菊田の携帯電話が着信。菊田は吉原と同じガラケーを使用していた。その携帯を見た姫川は、あることに気がつく。





姫川と菊田は、吉原の携帯の“サ行”の登録リストにあった建設作業員・佐藤武男(大堀こういち)と会う。佐藤によると、吉原はかつて大工だった。そして、佐藤も吉原も20年ほど前にドン底に落とされたと言うのだ。その頃、新築住宅の発注が多く、大工たちにとってはにわか景気になっていた。だが、大手ゼネコンが買い占めたせいで、吉原たち町場の現場は資材が入りにくくなる。そんな時、吉原や佐藤の現場から、必死に集めた石膏ボードが盗まれた。吉原はそのせいで会社を畳むことになる。

同じ頃に、吉原は妻を病気で亡くした。吉原自身も体を壊したりと大変な目にあったが、テレビ番組のマジックショーを見てマジシャンを目指すことになったらしい。話を続ける佐藤は、最近、当時の石膏ボード盗難被害に一軒だけ遭わなかった工務店の噂があると言いだす。その工務店が盗んだボードを倍以上の値段で転売していたと…。すると、聞いていた姫川が、その工務店の社長が渡辺繁(向井恭介)ではないかと尋ねる。知っていたのかと驚く佐藤。菊田も「なぜ姫川が?」と…。佐藤は、その話を吉原にも話したと教えた。





姫川は渡辺の身辺を洗わせて欲しいと、橋爪俊介管理官(岡田浩暉)、今泉春男係長(山口馬木也)に頼む。橋爪は反対するが、今泉が後押ししたことで渡辺への捜査が始まった。姫川と菊田は渡辺を尾行して指紋を採取。指紋は吉原のアパートにあった遺留指紋のひとつと一致する。また、公衆トイレの目撃者も渡辺と背格好が似ていると話した。

姫川たちは渡辺を重要参考人として事情聴取する。渡辺は吉原に20年ほど前のことを持ち出されて脅され、首を絞められたので正当防衛で殺害したと話した。姫川は渡辺の身勝手さに怒りを噛み殺す。一方、菊田はその夜、勝俣に会う。なぜ吉原の携帯に勝俣の名前があったのか?実は勝俣は会社と妻を失い、傷心していた吉原を救ったのだ。つまり、勝俣は吉原にとっての恩人だった。

菊田にとって残された謎は、なぜ姫川は渡辺が真犯人だと気づいたか?ということ。理由を懇願する菊田に姫川がタネ明かしをする。それは、ガラケーのボタンだった。姫川は菊田のガラケーを見た時に気づいたのだ。「0456666*」をひらがな入力すると“ワタナベ”になる。そして、登録リストには渡辺が一人しかいなかった。それでも、最後に謎が残る。鑑識課の報告では、吉原の携帯は閉じられていて、最後に押したのも「0456666*」ではなく、終了ボタンだったと裏付けられたのだ。では、なぜ、開いていたのか? 吉原はもしかすると本当に…。


番組概要


木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』


<放送日時>


毎週(木)22時~22時54分


<出演者>


二階堂ふみ
亀梨和也
 ・
江口洋介

カテゴリ