矢部太郎が倉科カナの隣人に!?「物語を動かしちゃうような、結構重要な役」

矢部太郎が倉科カナの隣人に!?「物語を動かしちゃうような、結構重要な役」

5月11日(土)『ミラー・ツインズ Season1』




左から)赤城克彦(渡辺大)、林田謙(小園凌央)、根本丸雄(矢部太郎)


お笑いコンビ「カラテカ」の矢部太郎が、俳優としてオトナの土ドラ『ミラー・ツインズ Season1』に出演。矢部が演じるのは、白石里美(倉科カナ)の隣人・根本丸雄。しかも単なる隣人ではなく…という役どころだ。

先日、重要なシーンの撮影が行われた際は、監督から急遽「根本のテーマをハミングで歌いながら歩いて来てください」とムチャぶりを受けた矢部。

「え、え…分かりました」と悩みぬいた末に披露したのが、「フフフン、フフフン」。矢部曰く「ねもと♪ねもと♪っていう歌なんですが、やってるうちに“ゴジラ”っぽくなっちゃって。でも『根本が来るぞ』って意味だと、ゴジラっぽくてもいいのかなって」。

真面目なその人柄で、『ミラー・ツインズ』の現場も温かい雰囲気に包んだという矢部に話を聞いた。


<矢部太郎コメント>




矢部太郎


Q.台本を読んだ印象は?

読み始めてすぐ「面白いな」って。それと同時に(自分が演じるのが)結構重要な役だと分かって。これは私も頑張らないと、と。倉科カナさん演じる里美の隣人なんだけど、ただの隣人じゃなくて物語を動かしちゃったりするんで。物語全体のトーンとか雰囲気とはちょっと違う空気感を作れたらなと思って根本を演じています。

Q.矢部さんは、舞台での活躍も多いですが、舞台と映像の違いはありますか?

違いかどうか分からないんですけど、よく板尾創路さんと舞台でご一緒することがあるんですが、その時に板尾さんから言われた言葉がありまして。「矢部くんは存在自体がファンタジック。舞台やと受け入れられるけど、映像やと受け入れられへん(笑)」って。そんな事言いながら、板尾さんの映画とか呼んでくれてるんですけど(笑)。なので、映像の時はファンタジー感を少しでも減らすように意識してます。ちゃんとドラマの世界観に溶け込むというか、板尾さんの言葉を思い出しながらいつもやってます。尊敬する師匠です。


矢部「藤ヶ谷さん、倉科さんの集中力が凄い!」


Q.藤ヶ谷太輔さん、倉科カナさんと共演した印象を教えてください。

藤ヶ谷さんは舞台で板尾さんと共演されてた時に拝見していて、役者として素敵な方だなと思ってました。藤ヶ谷さん演じる圭吾とすれ違うシーンを撮影したのですが、立ち姿がかっこいいなと。もう立っているだけで圭吾になっていました。集中力が凄くて、一瞬で藤ヶ谷さんから圭吾に変わるのが凄いなと。

倉科さんとは「初めまして」だったんですが、本当に気さくで明るい方で、待ちの間、ずっと話しかけてくれました。倉科さんとのシーンは僕にとってクランクインの日だったんですけど、お陰で緊張も解けました。倉科さんも集中力が凄くて、本番の時は一気に役に入り込んでたのが凄いなと。本当にお二人とも集中力がすごいです!

Q.ちなみに倉科さんとはどんな話を?

「ご趣味は?」とか(笑)。あ、あと漫画の話もしました。「好きな漫画は何ですか?」みたいな。楽しかったし、本当に緊張が解けました(笑)。


番組概要


オトナの土ドラ『東海テレビ×WOWOW共同製作連続ドラマ ミラー・ツインズ Season1』


<放送>


5月11日(土)23時40分~24時35分


<出演者>


藤ヶ谷太輔 
倉科カナ 
渡辺 大 
武田梨奈 
温水洋一 
村上知子(森三中) 
櫻井淳子
中村久美
佐戸井けん太
石黒 賢 
高橋克典

カテゴリ