男子ドン引き!実はやりがちなネガティブLINE4つ

男子ドン引き!実はやりがちなネガティブLINE4つ

人間生きていれば、ショックなことや落ち込むこともありますよね。ただ、それをLINEで送りたいという場合には、よ~く考えてからのほうがいいかもしれません。最近仲良くなった男性や、彼氏へのLINEであれば、これはなおさらのこと。


そこで今回は、男性陣が勘弁してほしいと思っている、ネガティブLINEについてまとめました。送りたくなったときの対処法や、正しい送り方も添えたので、ネガティブな内容を送りがちなあなたは、必読です!!



「どうせ私なんて……」と自虐


自分に価値なんてない……。そう感じてしまうときだってあるものですよね。もちろん、そう感じて辛いときには、これを伝えること自体に問題はありません。ただ、「どうせ私なんて……」と、ありとあらゆる自虐をするのはNG。


とくに、相手の男性が励ましたり、元気づけようと言葉をかけたりしているときに「全然そんなことない」「私そういうタイプじゃないし……」と否定ばかりして、結局「私なんて」と結論づけていませんか?


励ましや慰めには、とりあえず「ありがとう」を。一日に伝える弱音の数を決めて、「また甘えてもいいかな?」と言えば、それだけで好印象となるはずです。


嫌なことがあると即「もう無理」


イヤなことが起きたときに、「もう無理」と、言うのが習慣化していませんか? たいていそういうときは、「イヤな気持ちをわかってほしい」というのが最優先事項。それなのに、こんな一言だと彼にはさっぱり伝わりません。


そのうえ、励ましや慰めてくれた彼に対して「私の気持ちなんてわかってくれない」と、「もう無理」と言ってしまっているなら、もはや、マナー違反の最上級。


「無理」ではなく「なにがどうイヤなのか」を丁寧に伝えること。聞いてもらいたいのであれば、気持ち整理して伝える努力が必要です。


ほかの子とくらべて好意を否定


自信が持てなかったり、不安になったりすると、ほかの子とくらべて、自分サゲをしてしまうなんてケースも。とくに、彼からの好意に対して、「ホントは○○ちゃんのほうが好きなんでしょ? かわいいもんね」系のことを言ってしまっていませんか?


不安な気持ちはそのままに、「○○ちゃんのほうが可愛いから、不安になる」など、素直に伝えるのが◎。こうするだけで、逆に可愛いと思ってもらえるはずです。


自分を悲劇のヒロインにする


なにか悲しいことが起きたときや、ツイていないとき。「私って○○な女なんだよね」「いつもこうなんなの。ホントはわかってた」など、自分を悲劇のヒロインに仕立て上げていませんか?


半ば諦めも入ったネガティブLINEですが、相手の男性は「へ~……、それは大変だね……」くらいしか言えなくなってしまいます。


もしそんな内容を送りたい場合には、少しコミカルに、ここは大げさくらい大げさに、「私って○○女だーーーーーープラス顔文字」「ま~た、○○だった! 最悪! わかってたよ~だ!」くらいの明るさで、スタンプと共に送るくらいが◎。可哀そうな人は扱いにくいので、可愛そうな人にならないよう気をつけておきましょう。


おわりに


本音では、慰めや励ましが欲しいものの、不安があると素直に受け止められず、むしろ不安な気持ちのほうをわかってもらいたい!! これが、ネガティブLINEをしてしまう動機かもしれません。


でも、卑屈にならずに、素直に気持ちをぶつけて甘えれば、男性だってかわいく思えるもの。簡潔に助けて・慰めてと送れば、ネガティブLINEだって愛され要素となるはずです。


(恋愛コラムのプロ集団・5656/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ