立体迷宮を突き進む英雄たち!!IVR<画像下治療>で少女の命を救え!!

立体迷宮を突き進む英雄たち!!IVR<画像下治療>で少女の命を救え!!

5月13日(月)21時~『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第5話





ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第6話完全版


唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した『外科医六人と金閣寺の松』という医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、診療放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。





そんな折、公園で遊んでいて腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)やたまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。

ところが鏑木は、万が一のことを考えてIVRではなく開腹手術をするよう命じる。IVRに憧れ、カテーテルの勉強もしていた悠木(矢野聖人)は、それでもIVRの治療を訴えた。しかし鏑木は、技師が余計な口を挟むな、と一蹴する。





小野寺や威能(丸山智己)らは、落ち込んでいる悠木を励ます。すると悠木は、医療技術が進歩しても現場の人間がリスクを恐れて使わないのなら意味がない、と主張する。そのやりとりを聞いていたたまき(山口紗弥加)は、前院長だった杏の父・正一(佐戸井けん太)がいたらどうしたのだろうか、と言い出す。前院長は、かつて同じような症例の女児が搬送されてきた際、IVRで治療していたのだ。

たまきたちの話を遠巻きに聞いていた杏は、すっかり落ち込んでいた。そこにやってきた辻村(鈴木伸之)は、父に追いつきたいと焦る杏に、無理をする必要はないのではないか、と告げる。

唯織は、杏にどういう言葉をかければいいのかわからなかった、と渚に打ち明ける。渚は、高すぎる理想はかえって自分を追いつめることになる、と言うと、これで唯織も技師として働くということがどういうことがわかったのではないか、と続けた。渚は、鏑木が唯織の行動を問題視していることを伝えた上で、技師として働きたいのなら慎重に行動すべきだが、もし目の前に治療が必要な患者が現れた時に何もしないでいられるのか、と問いかけた。

裕乃(広瀬アリス)は、沙里が開腹手術になってしまったことにショックを隠せないでいた。杏は、がっかりさせてしまった、といって裕乃に謝った。杏の気持ちを察した裕乃は、「いつかできると良いですね」と告げ……。

技師控室に戻った唯織は、IVRに関する勉強を始める。技師は治療もできず、責任を負うこともできないが、助けて当たり前の環境の中で、プレッシャーを誰かに見せることもできない医師の不安を少しでも取り除いてあげることはできる、というのだ。それに触発された裕乃(広瀬アリス)、そして小野寺やたまきらラジエーションハウスの面々もそれぞれIVRに関する勉強と準備を始めていた。そんな唯織たちの姿を見つめる杏。





鏑木が学会での講演に出かけたある日、大腸ガンで入院中の男性患者が病院内で倒れるという事態が起きる。CT検査の結果、S状結腸にある腫瘍からの出血が認められたが、患者は心筋症を合併していることもあり、手術には耐えられないと思われた。

消化器科の担当医は、経験のない杏に任せるには荷が重い、として鏑木が戻るまで待つよう主張した。だが唯織は、時間的な猶予がないことから、自分たちが杏をサポートする、と言い出す。それを受け、IVRを決意した杏は、さっそく準備に取り掛かる。





治療を開始した杏は、悠木たちのアドバイスを受けながら目標部位を止血した。だが、出血は止まらず、患者の血圧が下がり始めてしまう。連絡を受けた鏑木が病院に到着するまで患者がもつかどうかという危険な状況だった。

そのとき唯織は、デスクの上から落ちた『外科医六人と金閣寺の松』の本を見て、何かに気づく。小説の中で、多くの人が金閣寺の壮麗さに目を奪われ、その参道脇にある陸舟の松を見過ごしているように、自分たちも大腸ガンという大きなファクトに囚われ本当の原因が見えていないのではないか、というのだ。そしてこのケースは、小腸からの出血の可能性が考えられた。不安で手が震えていた杏は、唯織たちに励まされて治療を再開する。

やがて杏は、出血点を見つけ出し、無事止血に成功する。渚によれば、患者は先天的な血管の形成異常があり、成長に比例して増大したその血管から出血したものらしい。治療を終えた杏は、唯織とハイタッチして……。





ほどなく、大好物のカキと美人女医のいる懇親会の誘惑を断ち切って病院に戻った鏑木が駆け込んでくる。杏がIVRを行ったと知り、何故自分を待たなかったのか、と怒る鏑木。軒下は、そんな鏑木の言葉を遮ると、「見事なIVRでした!」と告げる。

鏑木は、読影室に戻っても怒りが収まらないようすだった。そこに、『外科医六人と金閣寺の松』を手にした唯織がやってくる。唯織は、患者の出血に気づけたのは鏑木の本のおかげだ、と言って礼を言い……。

その夜、小野寺は、テーブルの上に置かれたままの唯織のタブレット端末に気づく。するとそこに、ピレスという人物からのメールが届く。

翌日出勤した裕乃は、「昨日の甘春先生、すごくカッコ良かったです」と言って杏に礼を言った。それに対して杏も、技師たちのおかげだと言って礼を返す。そこに、唯織たちも出勤してきて、合流する裕乃。杏は、そんな彼らを優しい笑顔で見つめ……。


番組情報


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』


<放送日時>


毎週(月)21時00分~21時54分


<出演者>


窪田正孝
本田 翼

広瀬アリス
浜野謙太
丸山智己
矢野聖人
山口紗弥加
  ・
遠藤憲一

鈴木伸之
浅野和之
  ・
和久井映見

カテゴリ