気づいて!女友達から「ダメ恋認定」される彼氏の特徴

気づいて!女友達から「ダメ恋認定」される彼氏の特徴

付き合っている彼氏のことを、女友達に相談したり・されたりすることもあるでしょう。


でも、話を聞いてくれている女友達からの反応がイマイチ良くない……。しかも「それってダメじゃん!」とダメ出しされたら、ちょっと注意した方がいいかもしれません。


今回は、女友達からダメな恋をしていると言われちゃう彼氏の特徴について聞いてみました。



1、彼女の立場になって考えられていない


「彼氏のドタキャンは当たり前!私が彼に合わせているからいい、という友人に『都合良く扱われすぎ!』と注意しましたが、友人には響かなかったみたい」(20代女性/スポーツインストラクター)


予定をドタキャンするのが当たり前の彼に対して、厳しいアドバイスをしたケース。


彼に夢中な時期は、自分が悪いと思い込んでいることもあるようです。


ドタキャンを繰り返す人の中には、相手の立場になって考えられないという男性もいるようなので、冷静になった方がよさそうです。


恋は盲目なんて言葉がありますが、冷静に見ている周りが注意をしても恋愛をしている当事者には見えていないところが沢山あるのかもしれません。


2、他人に対する態度が横柄


「お付き合い当初からなんかありそうと思っていた友達の彼氏は、彼女にはすごく優しいけれど、彼女の友人や店員などには態度が悪く、のちに彼女は彼と結婚しましたが、家に帰ってくると妻にキツく当たるなどの行動をするようになり離婚していました……。」(30代女性/パート)


彼女には優しくても、飲食店や外出先で会う人にはびっくりするぐらい愛想が悪い人がいるのも事実。


自分にだけ優しければイイ!なんて思うかもしれないけれど、それって結果的に自分たちの印象を悪くしているんです。


また、そういった態度をとる人というのは、身内にも横柄な態度をとっている可能性が高いです。


付き合っている彼女も時間が経てば愛想のない態度をとられたり、最悪のケースはDVに発展してしまったりする可能性も考えられます。


他人からはよく見えるサインも、付き合っていると見落としがち。自分のパートナーの気になるところは、友人と共有して冷静な判断を求めることも必要なんですね。


3、結婚の意思が不明


「結婚しようと言われていると話していた女友達が、彼に結婚に向けての話をしても、はぐらかされてしまうとのこと。思わず『そんな男やめちゃいなよ』とアドバイス。結局、彼女は彼と別れましたが、男女の気持ちって難しいものですよね」(20代女性/介護)


お付き合いの年数も長く、仲良しなのに結婚のワードが出ると、友人の顔がなんとなく浮かない……。結婚ってデリケートな問題ですから、他人があれこれ口を出すわけにもいきいません。


しかし、結婚をにおわせておきながらも、長年ダラダラしている男性には女友達の目も厳しくなってしまうのです。


やっぱり友人の結婚の話題って気になるもの。幸せになってほしいからこそ、本当にその人で大丈夫?!と心配になってしまうものなんです。


4、お互いの両親との折り合いを気にしない


「結婚の意思があるように見えるのに、自分の両親に彼が会いたがらないという相談にのったことがあります。正直言って両親に会う気がないイコール結婚の意思が感じられないと思ったので、友人には彼はそれほど結婚の意思が強くないのかも……。とアドバイスしました」(20代女性/事務)


付き合い始めならば、何ら気にすることはありません。しかし、ある程度お付き合いが進んでいけば、お互いの両親に挨拶くらいするものです。


アドバイスするとしたら、やっぱり時期をみてもう一度よく話し合うことをすすめますよね?


やはり、ある程度の期間お付き合いしていたり、年齢的にも結婚を意識しだしたりすればパートナーの結婚の意思を気にすることはあるはず!


うまくはぐらかされてしまうのは、もしかすると何か裏があるのかも?


5、金銭感覚のズレを感じる


「毎回のように彼のお金の使い方に悩んでいるという相談を受けていました。その彼もセーブすることなく、友人も参っていましたが、私は別れた方が良いとアドバイス。そこから先は彼女の判断に任せました。付き合い続ければ苦労することは目に見えていたので、自分の助言は間違いではないはず」(20代女性/看護師)


お金の問題は必ず大きな問題に発展するもの。


例えば、彼が自分の趣味にかけるお金は惜しまないなんていうのも、結婚を考えている相手ならばなおさら節制してもらうべきこと。


お付き合いしている時点で心配になるというのは、その先に苦労しそうなことが目に見えているからですよね。


金銭問題は人間関係に最もヒビが入りやすい問題ですから、早めにダメだと気づかせてあげた方が友人のため!と心を鬼にしてアドバイスしてくれる女友達もいるようです。


ダメ恋認定を指摘されたら、素直に受け入れよう


同じ女性目線だからこそダメ認定しちゃうことってあるはず。その助言に耳を貸すかどうかはどれだけ彼に夢中かで変わってくるものです。


自分の彼はダメ認定されていないか、そして友人がアドバイスしてくれていることを冷静に聞けるのかで、ダメっぷりを自ら判断できるようになるのかも。


ぜひ周りの言葉には耳を傾けるようにしてみて!


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ