【K-POP日本人メンバーの葛藤と挑戦】PENTAGON・YUTO、不安に負けず自分の可能性を信じて

【K-POP日本人メンバーの葛藤と挑戦】PENTAGON・YUTO、不安に負けず自分の可能性を信じて

 TWICEやIZ*ONEなど日本人メンバーが所属するK-POPグループが日本音楽シーンを席巻するなか、その勢いに乗るように日本人が加入するさまざまな新鋭グループが続々と頭角を現している。そしてそれは、女性グループだけに限らない。



【写真】グループをけん引するメンバーのひとり、YUTOのアップカット



 PENTAGONのYUTOは、K-POP男性グループのなかで活躍してきている日本人のひとり。16年10月にデビューした、韓国、日本、中国出身の9人組男性アイドルグループのなかの唯一の日本人メンバーとして、低音ボイスラップと日本語翻訳を担当。すでにグループは日本ツアーを開催するなど日本でも高い人気を誇っている。そんなYUTOに、現在のK-POPムーブメントと日本人メンバーとしての苦悩や奮闘を語ってもらった。



■練習生時代は韓国語がわからないふりもした(笑)



――K-POPグループでデビューした経緯を教えてください。なぜ韓国を目指したのでしょうか?

【YUTO】姉が韓国の事務所に履歴書を送ったことが始まりです。それから、中毒性のある音楽とそれに合わせたカッコいい振り付けが好きになり、自分もこういうアーティストになりたいと思い始めました。



――デビューまでには大変だったことも多かったのでは?

【YUTO】韓国に行ってからダンスや歌を習い始めたので、毎日必死でした。それに韓国語もまったく聞き取れず、普通に生活するのも大変でしたが、そんななか同じ練習生たちが一生懸命コミュニケーションをとってくれて助けてくれました。



――韓国エンタテインメントシーンで活動するにあたり、日本人であることのメリット、デメリットを感じることはありますか?

【YUTO】メリットは練習生時代は先生に怒られたときに、韓国語がわからないふりをしてその場をしのいでいたこと(苦笑)。デメリットは、やはり言語が違うので、自分の意見とかを上手く伝えられないことが多かったことです。



■自分のやりたい曲を作り、音楽をもっと勉強していきたい



――グループ、個人としての目標を教えてください。

【YUTO】グループとしては、まずランキングで1位を取ること。個人としては、自分のやりたい曲を作ったり、音楽をもっと勉強していきたいです。



――自身のモチベーションを保つために心がけていることはありますか?

【YUTO】練習で疲れたときは、K-POPの先輩方の曲を聴いてモチベーションを上げていました。



――韓国デビューを目指す日本の若い世代が増えています。後進へのアドバイスやメッセージをいただけますか。

【YUTO】K-POPは世界を視野に広まっているので、そこからK-POPに憧れを抱き、目指す人たちが増えているのではないかと思います。韓国でデビューを目指すとなると、たくさんの不安や後悔といったものも出てくると思いますが自分の可能性を信じて怖がらずに一歩を踏み出してほしいです!



――最後に日本のファンへのメッセージをお願いします。

【YUTO】これからも日本での活動は続くので、その日までお互い離れているけどがんばりましょう!! いつも応援してくれてありがとう! 本当に感謝しています。大好き!



PENTAGONは、今年5年目を迎えるK-Cultureフェス『KCON 2019 JAPAN』(5月17日~19日開催/千葉・幕張メッセ)の5月19日の『M COUNTDOWN』に出演。日本のファンを前にパフォーマンスを披露する。
カテゴリ