肩こりや腰痛…慢性的な体の悩みに効果が期待できる“きくち体操”をおさらい!!

肩こりや腰痛…慢性的な体の悩みに効果が期待できる“きくち体操”をおさらい!!

5月15日(水)『梅沢富美男のズバッと聞きます!』





無理せず自宅で続けられる“きくち体操”を“奇跡の85歳”が伝授!


“奇跡の85歳”と呼ばれ、話題を呼んでいる菊池和子先生。番組のロケで丸岡いずみが訪れた体操教室やスタジオで菊池が披露した「きくち体操」の中から、自宅で簡単に誰でもできる体操をピックアップしてプレイバック!!


基本中の基本!足首回し&脳の活性化が期待できる指折り体操


基本中の基本
<足首回し>
床に足を伸ばして座り、片足を膝の上に乗せて、手指と足の指で“握手”。そのまま1回転ごとに8秒かけて足首を回していく×10回。ポイントは、手の指と足の指を根本でガッチリ握手させること。

脳の活性化に効果が期待できる
<指折り体操>
足を大きく開いて床に座り、腕を大きく頭の上にあげる。その状態で、両手の小指だけを折るように動かす×8回。小指がクリアできたら、薬指も同様に8回。指を動かすことで脳に刺激が与えられる上、開脚の状態で体操を行うことで下半身強化も期待できるという。




菊池先生によると、足や手の指を動かすことで脳も活性化するそう


肩こり改善にオススメ!手首まわし&斜め手首ひねり体操


<手首まわし>
足を肩幅に広げて、つま先を前に向けた状態で直立。腕を真っ直ぐ前方に肩の高さまで上げ、手首を下に折る。そこから指先が上を向くように手首を折って、外側に向かって両手首だけをゆっくり回す×8回。この時、手首の動きと一緒に肘が曲がらないように注意する。これを、内側にも8回。

<斜め手首ひねり>
直立した状態から、片手を斜め上に、反対の手を斜め下に。肩が上がらないように注意し、肘を伸ばしたまま両方の手首だけをゆっくり8回転。上げる手を替え、反対側も同様に。終わった後に腕を上げてみると、楽に上がり、肩甲骨のあたりがほぐれていくのを感じられるはず。手首回しも斜め手首ひねりも、立って行うのが難しい時は、椅子に座って行えばOK。




手首を上向きに折ったら…




ゆっくりと手首を回していく


脳を刺激する指組体操&転倒予防に足指握手


<指組体操>
2人ペアになり、向かい合ってお互いの手指をしっかり組んだら、手のひらをピッタリ合わせる。肘をピーンと伸ばした状態で、両手の指1本、1本を意識しながら、相手の手を押すように順番に力を入れていく(番組では、菊池が動かす指を指定)。磯野貴理子が「自分の指がどれかわからなくなった」と語るように、普段意識して使っていない脳の部分が体操によって刺激されているのを感じられるはず。ひと通り指を動かし終わったら、手の組み方をずらして再度チャレンジ。




自分の指がどれで、相手の指がどれなのか…わからなくなるゲストたち


<足指握手>
ペアで向かい合って座り、お互いの足の指同士をしっかり握手させる。足指が握手できたら膝を伸ばして、お互いの手を握って体を前傾させることで足指のトレーニング&ストレッチに。肩こりを改善したいときは、“足指握手”の状態から、腕を走っている時のように大きく振る<足指ランニング体操>が効果的。腕を動かすときは、肘を後ろに引くことを意識する。

きくち体操を通して、「自分の体ができないことを認識することが何よりも大切だ」と語る菊池先生の言葉に、体操でヘトヘトになった丸岡いずみは、リスペクトを隠し切れない様子だった。





番組概要


『梅沢富美男のズバッと聞きます!』


<放送>


5月15日(水)22時~22時54分


<出演>


【MC】
梅沢富美男

【進行】
吉田明世

【ゲスト】
菊池和子

磯野貴理子
菊池和子
玉井詩織(ももいろクローバーZ)
丸岡いずみ
向井 慧(パンサー)
ゆりやんレトリィバァ

※50音順

カテゴリ