新作を映像化!通り魔事件の謎を追え…姫川班 涙の総力捜査

新作を映像化!通り魔事件の謎を追え…姫川班 涙の総力捜査

5月16日(木)22時放送『ストロベリーナイト・サーガ』第6話





ストロベリーナイト・サーガ 第6話完全版


姫川玲子(二階堂ふみ)たちに、今泉春男係長(山口馬木也)が連続刺傷事件の捜査命令を伝えに来た。被害者は三人。計画的犯行なのか、通り魔によるものなのか定かではないが、“通り魔”という言葉を耳にした瞬間、葉山則之(葉山奨之)の身に緊張が走る。というのも、葉山には目の前で家庭教師の有田麗子(新実芹菜)を通り魔に殺されるという過去があったのだ。

事件解明を託された姫川班の面々は上本所署に赴き、担当係長の越野忠光(田中啓三)から詳しい現状を聞く。越野によると、容疑者が最初に刃物で襲ったのは峰岡里美(黒沢あすか)。里美は数カ所刺されて通行中の菅沼久志(市川貴之)、小野彩香(横田美紀)に助けを求める。二人は会社の同僚で、昼食を食べた店から出てきた所だった。里美と同様に容疑者に切りつけられ、菅沼は頸部に損傷を受けたため失血死。その後、容疑者は自殺を図って意識不明の重体となってしまったため、身元の特定や犯行動機が困難になっていた。

葉山は真剣な表情で、彩香を当たらせて欲しいと姫川に懇願する。ただならぬ思いを感じ取った姫川は葉山の申し出を許可し、事件解明に向け捜査が動き出す。





姫川は菊田と二人で、入院中の里美を聴取する。里美は事件のショックで話は出来ないものの瞬きで姫川の質問に応答するが、事件の原因や対人関係のトラブルについては覚えがない様子。しかし、姫川は、里美が応える様子から、犯人について思い当たる節があるはずだと、菊田に彼女の家族関係を調べるよう指示した。葉山は湯田康平(中林大樹)と彩香に話を聞きに行くが、事件のショックからか門前払いされてしまう。姫川は里美が働いているスナックへを訪ねると、彼女の評判が悪いことが判明する。

上本所署に戻った姫川は菊田から里美の戸籍から割れた子供のことを聞く。里美には18歳になる重樹(今井悠貴)という息子がいるが、結婚歴がないため私生児として登録されていた。重樹には就学歴がなく、所在不明。菊田は、容疑者と重樹の年齢が近いと指摘する。





翌日、姫川たちは里美に重樹のことを尋ねるのだが反応はない。それなら、こちらで徹底的に調べるまでと姫川は決意した。その夜、捜査員が集まって報告会議が行われる。石倉保(宍戸開)は、容疑者が菅沼と彩香を襲った後、もう一度里美を刺したことを報告。どうやら、容疑者の狙いは里美で、彼女の息子、重樹である可能性が濃くなってきた。姫川は、班全員で里美の本籍地、千葉を捜査してみることに。だが、葉山は彩香に話を聞きたいと言い、姫川はそれを許した。会議後、残っていた葉山に菊田は入れ込みすぎるなと忠告。すると、葉山は自身が目の前で家庭教師が殺害されたことを話す。辛い思いを吐露する葉山に、菊田はそういう人間だから出来ることもあるかもしれないと言って帰った。





次の日、葉山は彩香に会いに行くが、相変わらずドアを開けてももらえない。すると、葉山はドアの前で独り言だと断り、親しい人を目の前で失う経験が自分にもあったと話し出す。また、そんな時でも最後まで菅沼を助けようと傷の手当てをした彩香の勇気を称える。それでも反応がないため、葉山が帰ろうとした時、ドアが開いた。

一方、姫川は菊田たちと、里美の本籍があるアパートを捜索。オーナーによると、かなり古い建物で家賃滞納者が多いから追い出して取り壊そうとしたが、それにも金がかかるので当時のままになっていると言う。里美が暮らしていた部屋を調べると、押し入れに子供の白骨死体を発見した。

姫川と菊田は再び里美に会う。子供の遺体を発見した件を尋ねると、里美は重樹だと口を開いた。重樹は小学校入学前に亡くなったと認める里美。だが、里美は自分を襲った人物に心当たりはないと言い張る。すると菊田が、遺体のあった部屋には重樹の他にも誰かいたのではないかと里美に聞く。里美は否定するが、菊田は部屋にあったゲーム機のソフトに対戦型ゲームが複数あったことを見逃していなかった。





夜になると、白骨死体の検死報告書が上がってきた。遺体は二歳〜四歳の男児で、生きていれば14歳。しかし、重樹が生きていれば18歳になってしまい年齢が合わないのだ。すると、葉山も彩香からようやく取れた証言を報告する。容疑者が悲しい顔で「ヒロに謝れ!」と里美に叫んでいたという。つまり、容疑者と里美は顔見知りだったのだ。では、ヒロとは誰のことか? そんな時、容疑者の意識が戻ったことが伝えられる。

玲子と菊田は容疑者の病室へ。声が出せない容疑者とは筆談だ。姫川は、最初から容疑者に峰岡重樹で間違いないか尋ねる。容疑者は頷き、現在は内田茂之という戸籍で暮らしていると書いた。自分が刺した菅沼が亡くなったと知った重樹はショックを受けて全てを口頭で話し出す。里美の本籍アパートで見つかった白骨死体は、やはり重樹の弟、ヒロだった。重樹は子供の面倒を見ない里美の代わりにヒロの世話をしていた。しかし、ある日、ヒロは死んでしまう。重樹は里美にヒロの死の責任をなすりつけられ、さらには捨てられてしまったのだ。その後、施設で暮らすうち、重樹は里美への恨みを募らせる。せめてヒロの死が自分のせいではないと里美に認めて欲しかったと語る重樹。だが、ようやく探し当てた里美は自分のことを覚えていなかった。また、ヒロのことなどどうでも良いので二度と現れるなと突き放されてしまう。その冷たい態度から、重樹は里美を殺して自分も死のうと犯行に至ったのだ。

話し終えた重樹は、罪を償って生きることを約束。そして、姫川と菊田が自分を重樹と呼んでくれたこと、ヒロを見つけてくれたことに感謝した。


番組概要


木曜劇場『ストロベリーナイト・サーガ』


<放送日時>


毎週(木)22時~22時54分


<出演者>


二階堂ふみ
亀梨和也
 ・
江口洋介

カテゴリ