長澤まさみ「すみません、空気読めませんでした…」と反省!?一体何が

長澤まさみ「すみません、空気読めませんでした…」と反省!?一体何が

5月17日(金)公開 映画『コンフィデンスマンJP』





長澤「やっと皆さんのもとに届くと思うとうれしい」


映画『コンフィデンスマン JP』初日舞台挨拶が5月17日(金)に開催され、主演の長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、織田梨沙、竹内結子、三浦春馬、江口洋介、田中亮監督が登壇した。

『ミックス。』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『リーガルハイ』シリーズなど、映画からテレビドラマまで数々のヒット作を手掛けた脚本家・古沢良太による大ヒットテレビドラマを映画化した本作。

美しきダー子(長澤)、真面目で小心者のボクちゃん(東出)、百戦錬磨のリチャード(小日向)ら3人の信用詐欺師(=コンフィデンスマン)たちが香港を舞台に、史上最大のコンゲーム「騙し合い」を繰り広げる。

公開初日を迎えて、長澤は「やっと皆さんのもとに届くと思うとうれしい気持ちでいっぱいです。たくさんの人に見てほしいです」とあいさつ。






ドラマ第9話放送後に映画化の情報が発表され、映画の情報も「詐欺ではないか?」と世間をにぎわせていた本作だが、長澤は「全然嘘ついたつもりではなかったんですけど…」と驚いたようで、「でも、この世界観にどっぷり浸かってくださってる人がたくさんいるんだなと思って。番宣でこの映画を心待ちにしてくださってる方々を目の当たりにして、とても素敵な作品に巡り会えたんだなと実感しています。今は感無量です」と満面の笑み。


そんな長澤と共にドラマのときからチームを組んできた東出は、「長澤さんはドラマのときから座長として本当にずっと頑張っていらして。長澤さんの背中についていこうと思って、お祭りのような気分の中、みんなで一生懸命映画を撮りました。素晴らしい体験だったなと思います」と感無量の様子で明かした。





また、もう一人のメンバーの小日向は「ドラマ中は本当にしんどかったんです。まさみちゃんの背中を見ていると、(撮影を)やりたくなさそうだったなと思って(笑)」と暴露しつつも、「それを乗り越えて、映画化されて本当によかったなと思います。脚本も素晴らしかったし、幸せいっぱいです」とニッコリ。それを受けて長澤は「それはこひ(小日向)さんの自分の気持ちだったんだと思います」とニヤリ顔で冷静に返していた。





「くすダマしコンゲーム!」でキャスト陣が盛り上がる!


イベントでは、映画を観覧した445名の観客に騙された度を調査。うちわ掲げた観客を野鳥の会がカウントするが、長澤は95%が騙されたと予想。なんと結果は、会場にいる97%の観客がだまされたとあげ、長澤は「うれしいです!」と満足げの表情。東出も「騙すぞという前提の中で見て、それで騙されているので、ありがたいですね」と喜んでいた。

さらに、これまでオサカナ(=詐欺のターゲット)たちを巧みな手段で騙してきたダー子役の長澤を騙す「くすダマしコンゲーム!ダー子 VS コンフィデンスファミリー!!」も開催。これは、長澤以外のキャストひとりひとりが持っているくす玉の中で、誰が当たりを持っているのかを長澤自身が当てるゲーム。











キャストそれぞれから我こそ!とアピールを受ける長澤。まずは「絶大なる私への献身的な愛がある(から当たっているはず)」と小手のくす玉をひくも、はずれ。長澤ににらまれた小手は「僕は(ただ)持たされただけ…」と慌てて弁明を。

次に「仲間ですから信じてます!」と小日向のくす玉を引くと、見事正解。しかし、長澤にとっては、早々と当たりを引いてしまっことが想定外だったようで…落ち込んだ表情で「もうちょっと楽しみたかった…すみません、空気読めませんでした」とコメントし、会場は爆笑した。

最後には、長澤が「『コンフィデンスマン JP』という作品に関わらせていただいて、本当にいい体験をさせていただいてるなって思っています。皆さんに楽しんでもらいたいという一心で、頑張ってこの作品を作ってきました。映画版になったことで、こんなに素敵な共演者の方とご一緒させていただき、本当に楽しくて大胆で痛快な『コンフィデンス』の世界を作り上げることができたと思っています」と胸をはり、「まだまだこの先もこの作品が続いていくことを今は祈っていますし、まずはこの作品がたくさんの皆さんに届き、愛される映画になるといいなと思っています」と笑顔で語った。








作品情報


映画『コンフィデンスマンJP』


<公開>


5月17日(金)全国ロードショー


<出演者>


長澤まさみ
東出昌大
小日向文世
小手伸也
織田梨沙
竹内結子
三浦春馬
江口洋介

ほか

カテゴリ