命を救う者たちの選択!!縁の下のヒーロー達の誇りの行方は!?

命を救う者たちの選択!!縁の下のヒーロー達の誇りの行方は!?

5月20日(月)21時~『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第7話





ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第7話完全版


唯織(窪田正孝)が来てから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日、裕乃(広瀬アリス)は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯だった。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)だ。軒下は、マッチングアプリで知り合った相手に振られたばかりで落ち込んでいた。裕乃は、さらに不安を覚え……。

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。軒下は、初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えなかった。





真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。鏑木は、杏が唯織たちの協力を得ながら行ったIVRの記録映像まで持ち出し、唯織は医師を信頼していない、と指摘。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、と告げる。その際、同席していた小野寺(遠藤憲一)は、杏のデスクにあったピレス教授の本に気づき、それを借りていく。





真貴がいわゆる“検診難民”になり、再検査が2ヵ月も後になると知った志朗は、医者として検査を何とか早められないか、と軒下に泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。幼なじみでもある真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談を持ち掛けた。だが、杏は、鏑木から注意されたこともあって、ここから先は医師に任せてほしいとしか言えなかった。

唯織は、院長の渚(和久井映見)に、その一件を報告した。そこで渚は、放射線技師としてできることをやるしかない、と助言する。

ラジエーションハウスに戻った唯織は、真貴の検査画像を見直していた。それに気づいた軒下は、真貴が中学校時代の同級生であることを唯織に告げる。唯織は、真貴のしこりが悪性の可能性があることを軒下に告げた。志朗が検査を急いでいた理由を悟った軒下は、検査では患者は救えない、とこぼした。その言葉を聞いた唯織は、ふいに何かを調べ始めた。





その夜、たまき(山口紗弥加)は、当直の裕乃にある差し入れを手渡す。大喜びする裕乃。帰り支度を終えたたまきは、小野寺や威能(丸山智己)たちとラジエーションハウスを出てエレベーターへと向かった。そのときたまきたちは、ちょうどエレベーターから出てきた真貴と志朗にすれ違う。

裕乃は、これからデートだという軒下にオンコールのことを頼むと、たまきからもらった差し入れの袋を開けた。するとそこにはメモが入っており、「うちの病院、一人で当直の時に、結構見ちゃう人多いから気を付けてね」と書かれていて……。





軒下は、マッチングアプリで医者だと偽って知り合った女性・ユウカ(穂志もえか)に会うために、とあるレストランを訪れた。するとそこには、杏と辻村(鈴木伸之)の姿があった。躊躇する気持ちを振り切って医者に成りすまし、ユウカと盛り上がる軒下。

一方、杏は、鏑木から言われた言葉を辻村に打ち明け、自分の診断に自信が持てない、とこぼす。真貴の件を聞いた辻村は、杏の判断は正しいと返し、患者の精神面が心配だが杏が背負うことではない、と告げる。その際、唯織の言葉を思い出した杏は、仕事があるといって店を出ていく。

同じころ、唯織は、真貴のマンモ検査を行っていた。そのとき、ラジエーションハウスに、階段から転落してケガを負った患者のCTとレントゲン検査の依頼が来る。裕乃は、唯織にそれを伝えた。すると唯織は、手に負えないときは軒下に連絡するよう告げ……。





軒下は、辻村から声をかけられる。状況を察し、軒下の嘘に付き合う辻村。そこに、裕乃からの連絡が入った。ユウカと辻村から離れた場所で電話に出た軒下は、外傷患者が来たこと、そして唯織が真貴の検査をしていることを知ると、ユウカに医師ではなく放射線技師であることを告白し、病院へと駆けつける。そこで辻村は、軒下が飲んでいたのはワインではなく、ジュースだったことを知る。





軒下は、暴れる患者に苦戦していた裕乃を巧みにサポートし、無事検査を終える。一方、唯織は、撮影したマンモ検査の画像について、真貴と志朗に説明をする。真貴のしこりは、「顔つきが悪い」と言われる悪性腫瘍の見た目だった。が、しっかり見つめると違う顔が見えてくる、というのだ。彼女のしこりは、線維化が主体のCSLという珍しい良性の腫瘍である可能性が高かった。

唯織は、軒下の言葉で思いつき、マンモ検査をしたと彼に伝える。しこりが良性であることを証明するなら自分たちにできると言う唯織。真貴の読影案件が追加されたのを見た杏は、唯織のもとにやってくる。杏は、唯織がまたもや勝手に検査をしたと思ったのだ。唯織は、渚からオーダーをもらったことを杏に伝えると、前回の画像から、CSLの可能性が読み取れたので確認したいとお願いした、と続けた。





真貴ががんではないと知った軒下は、帰ろうとする真貴たちに、医者だと嘘をついたことを告白して謝った。すると真貴は、職種は違っても患者を救うという夢は叶えている、私たちを救ってくれたのは技師さんだ、と返し……。

あくる朝、裕乃は、出勤してきた小野寺やたまきたちに、昨夜のことを話す。が、たまきたちの反応は何故か薄かった。小野寺は、そんな裕乃に、軒下は技師として一流だぞ、と伝える。その軒下は、辻村とのツーショットがアップされたユウカのSNSを見つけ、ショックを受ける。軒下は、ロッカーにしまってあった白衣を捨て……。
 
杏は、真貴の写真を見ていた。その傍らにはCSLに関する文献があった。

唯織は、軒下から、杏と辻村がデートしていたことを聞かされ、動揺する。小野寺は、そんな唯織に声をかけると、ピレス教授の研究室のサイトを見せた。そこには、白衣を着た唯織の姿があった。「お前よ、何者なんだ?」。小野寺は唯織にそう尋ね……。


番組情報


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』


<放送日時>


毎週(月)21時00分~21時54分


<出演者>


窪田正孝
本田 翼

広瀬アリス
浜野謙太
丸山智己
矢野聖人
山口紗弥加
  ・
遠藤憲一

鈴木伸之
浅野和之
  ・
和久井映見

カテゴリ