年下彼氏に愛される秘訣!〇〇しすぎないが大事

年下彼氏に愛される秘訣!〇〇しすぎないが大事

かわいい年下彼氏と付き合えても、上手な付き合い方が分からずに悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。


今回は、実際に年下彼氏と付き合っているアラサー女性の体験談をもとに、デート中に年下彼氏の気持ちを下げてしまうNG行動を3つご紹介します。


年下の彼にもっと愛されるためには、あることをしすぎない方が良いですよ。ぜひ参考にしてください。



年上であることを自虐しすぎる


「自分が年上であることが気になって、デート中に私おばさんだからとか、年上彼女でごめんね、ということばかり言っていたら彼が不機嫌になった。あまり年齢のことは言わない方がいいのかも」(32歳/営業)


自分が思っているほど、年下彼氏は年齢のことを気にしていない人が多いです。


それなのに、自ら年上であることを自虐しすぎてしまうと、楽しいはずのデートが楽しくなくなってしまいます。


また、いつもネガティブなことばかり言っていると、彼の気持ちも離れていってしまいます。


年下彼氏との年齢のギャップを感じる瞬間があるかもしれませんが、年齢のことはあまり気にすることなく、デートを楽しむことに集中してみましょう。


遠慮をしすぎる


「デート中に彼の友達に会った時や彼が友達と会う時に、遠慮してあまり関わらないようにしていたら、彼に怒られた」(28歳/メーカー勤務)


デート中に遠慮しすぎてはいませんか?


このケースのように、自分は友達に彼女を紹介したいと思っているのに、あなたに断られてしまうと、彼氏として信用されていないのかな?と勘違いされてしまう可能性があります。


また、デート中に遠慮しすぎて、手を繋がないなどのスキンシップをしないのもNGです。


彼は、あなたのことが好きで付き合っているので、友達の前でも普通のカップルとして過ごしたいと思っているはず。


自分が年上だから……。と遠慮しすぎる言動はやめましょう。


家庭的な部分をアピールしすぎる


「年上と付き合うメリットを感じてもらうために、手料理を頑張ったり、彼の部屋の掃除を頑張っていたりしたら、重荷に感じられて失敗した」(29歳/薬剤師)


料理、洗濯、掃除など、家庭的な部分をアピールしすぎるのもNGです。


ただ彼を喜ばせたくてやっていたとしても、年下彼氏からすると、結婚を意識させようとしているのかと勘違いしてしまう可能性があります。


それが重荷になって、別れを切り出されてしまうこともあるでしょう。彼のお世話をし過ぎてしまうと、家政婦のような存在になってしまうことがあるのでほどほどに。


普通のカップルと一緒


年下彼氏と付き合っていると、どうしても年齢のことが気になってしまうのが女性の心理でしょう。


しかし、彼は年齢なんて気にしていなくて、あなた自身に魅力を感じてくれているのです。


そんな年下彼氏を信じて、普通のカップルと同じようにデートを楽しみましょう。


(愛カツ編集部)



カテゴリ