大原櫻子、ファンから“塩対応”リクエストで茶目っ気たっぷり 「明日も」「真夏の太陽」歌声でエールも

大原櫻子、ファンから“塩対応”リクエストで茶目っ気たっぷり 「明日も」「真夏の太陽」歌声でエールも

【モデルプレス】歌手で女優の大原櫻子が歌声でエールを送った。

『お台場夢大陸Presents ドリームメガガールズオーディション』の公式応援キャラクターを務める大原は20日、都内で行われた最終審査に出席。「皆さんへのエールの気持ちを込めて歌わせていただきます」と『明日も』(MUSH&Co.)、『真夏の太陽』の2曲を披露し、会場を盛り上げた。

大原は現在、フジテレビ系月9ドラマ『恋仲』(毎週月曜 後9:00)に主人公・三浦葵(福士蒼汰)の妹、三浦七海役で出演中。サバサバしたキャラクターで“塩対応”な一面もあり、MCではファンから「さくちゃん!塩対応して!」とリクエストも。大原は「塩対応(笑)…曲の合間でできたらやります!でも普段はあまりやらないけどね。できなかったらドラマで楽しみにしていてください」とお茶目に振る舞った。

◆事務所の後輩が決定

この日ステージに登場したのは約3000名の応募の中から書類選考・面接(演技審査/歌唱力審査)などを勝ち抜いた8人。歌、トーク、演技、詩の朗読、チアダンスなど審査員に最後のアピールをし、福岡県出身の大学生3年生・藤田菜々子(ふじたななこ/20)さんがグランプリに輝いた。

藤田さんは1995年3月5日生まれ。現在、山口県内に住んでおり、身長は169cmでAB型。今回のグランプリ特典としてフジパシフィックミュージックでの専属契約、賞金100万円、『恋仲』への出演が約束された。

審査員席からファイナリストたちのパフォーマンスを見守った大原は「私がオーディションの頃を思い出しながら見させていただきました。いろんな想いを込めて今日に挑んでらっしゃる、夢を掴もうとオーディションを受けること自体が素敵なことだなって思いましたし、見ているだけで涙が出てきそうにもなりました」としみじみ。また、事務所の後輩となる藤田さんには「ここからがスタートだと思うので一緒に頑張っていけたら。おめでとうございます」と祝福していた。(modelpress編集部)
カテゴリ