男性に「都合のいい女」にされちゃう危険なセリフ5つ

男性に「都合のいい女」にされちゃう危険なセリフ5つ

「好きな人から大切にされなくていい」なんて思う女性はいません。でも、都合のいい女になってしまう女性にはなにか原因があるはず。


彼女たちが大切にされない理由は、どこにあるのでしょう? 都合のいい女が言いがちな言葉の罠を探って、大切にされる女性を目指しませんか?



「私なんて……」


「私なんて」「どうせ私は」と、卑屈な発言が多い女性は要注意。自分で自分の価値を下げるような発言は、男性に「この子は、大切にしなくていいのかも」と思わせてしまうもの。結果的に、都合のいい女へ近づけてしまうのです。


誰だって自信がない部分はありますし、卑屈な発言をしてしまうこともあります。でも、自信を持つべき部分に、自信を持っている女性のほうが魅力的です。


卑屈発言は言わないのがベストですが、言いがちな人は、「最近〇〇ができたんだ!」「料理には自信あるんだ!」など、前向き発言を。卑屈な発言を帳消しにしていきましょう。


「2番目でもいいよ」


惚れた弱みで「2番目でもいい」と考えがちな人は、いますぐこの考えを捨てるべき。筆者はこの考えで、長年不毛な恋愛に陥りました。


「2番目でもいい」なんて言葉に、謙虚で素敵! と感じる男性はいません。額面通り「2番目でいいんだ」と受け取り、本命の補欠として見るだけです。


一緒にいたいという気持ちも大切ですが、「1番になりたい」という気持ちを忘れないでください。男性は、2番目に甘んじない女性に、愛する価値を感じるのです。


「〇〇くんが決めて!」


お店選びひとつを見ても、自分の意見がない、相手任せにしてしまう人は、大事な場面でも決断権を相手に与えてしまいがち。すると男性は、「自分の思い通りになる相手」と思うようになります。


相手に任せがちな人は、「〇〇か△△がいいな」「〇〇な気分だけどどう思う?」と、相手の意見を尊重しつつも、自分の意見を見せるよう心がけていきましょう。


「大丈夫だよ!」


なんでも「大丈夫!」と言える器の大きい女性も、実は都合のいい女になりやすいもの。特に、辛くても平気なふりをしてしまう頑張り屋さんは要注意。


男性は悟ることが苦手ですから、あなたが無理をしていても気付かず、なんでも受け入れてくれると考えます。器を大きく持つことは大切ですが、「これだけは嫌」というボーダーラインを、ちゃんと自分のなかで決めておくべき。つらいときに、つらいと正直に伝えられれば、きっと男性も、その弱さを思いやってくれることでしょう。


「恋愛(結婚)は諦めてるから」


強がりゆえの諦め発言も危険です。前述のとおり、男性は額面通りに発言を受け止め、「幸せを諦めている=大切にしなくてもいい」と考えてしまうのです。


幸せを諦めない姿勢は、大切にされる秘訣。思っていても、幸せになることを諦めていると感じさせる発言は、言わないようにしてください。「幸せな恋愛がしたい!」と素直に口に出すほうが、男性も幸せも寄ってくるはずです。


おわりに


自分の価値は、他人ではなく自分で決めるもの。自信がない人は、まずは5つの発言を言わないよう心がけてみてください。


自分を愛して、自分を大切にすること。きっと、大切にされる恋愛に出会えるはずです。


(白藤 やよ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ