【心理テスト】彼に冷められてるかも…どうしたらいいの?isutaの恋愛心理テストで気になる恋愛傾向をチェック♡


心理テストで気になるあなたの恋愛傾向をチェック!



isutaでは木曜日に、恋愛やライフスタイルに纏わる、“心理テスト”をお届けしています♡



今週は、「彼に冷められてるかも…」と不安に思っている女の子にぴったりのアドバイスを贈ります!



心理テストの質問に対して4つの選択肢から1番近いものを直観で選んでくださいね♩



Q:冷められているかも…と感じたとき、どんな行動をとる?






1:しつこく連絡する

2:いつも通りに振る舞う

3:問い詰める、責める

4:あっさり別れる




心理テストの回答 【A1】しつこく連絡する





彼に冷められていると感じてしまうと、しつこく連絡せずにはいられない…



そんなあなたは、承認欲求がとても強いタイプでしょう。



特に、相手とつながっている時間が長ければ長いほど、自分は認められていると感じるようです。



あなたにとって連絡や会う頻度が減ること=冷められたという認識でしょう。



ですが、彼が必ずしもあなたと同じように思っているとは限りません。



今、あなたは彼に冷められたと感じているかもしれませんが、それはただ単に彼の用事や友達付き合いが忙しいだけであなたへの愛情が冷めたわけではないかもしれません。



その点を早とちりしないようにすれば、もっと愛を穏やかに継続させることができるでしょう。





心理テストの回答 【A2】いつも通りに振る舞う





冷められていると感じているのに、不安や寂しさを彼にぶつけることなくいつも通りに振舞ってしまうあなた。



そんな、つい強がってしまうあなたは「自分のことを本当に好きなのかわからなかった」と言われてフラれてしまうことが多いかもしれませんね。



感情というのは1種類ではありませんから、表情や態度だけでは本当の感情は相手に伝わりません。



どんなに彼のことが好きだったとしても、「好き」という一言がないと理解してもらえないのです。



それはあなたも同じではありませんか?



冷めてしまった愛を復活させるには、自分の気持ちを言葉で相手に伝えること。



今さらだと言わずに、シンプルに「好き」と彼に伝えてみてはいかがでしょうか?





心理テストの回答 【A3】問い詰める、責める





冷めた態度をとる彼に対して、問い詰めたり責めてしまう…。



悔しい、許せないなど表面上の感情の奥に「もっと会いたい」「好きになって欲しい」という本音が隠れているかもしれません。



自分の本音に気づいてくれない相手に苛立って攻撃してしまうのですが、実はあなたが本音を言っていないのです。



責められたら彼はどんどん引いてしまうのはあなたも想像できるはず。でも責めることをやめられないのですよね?



心理的には何も言わずに我慢するより断然良い行動ですが、できれば少し冷静になってくださいね。



湧いてきた感情の奥の「本当は私は彼に何をして欲しいんだろう?」という気持ちに気づきましょう。



そして、それを彼に素直に伝えれば関係は好転するでしょう。





心理テストの回答 【A4】あっさり別れる





冷められたらすぐに「別れる」と言ってしまうあなたは、自分がフラれるなんてありえない!



だったら自分の方から別れてやる!という選択をするプライドが高い人でしょう。



そして同時に、今あるものを失うことにとても恐怖心を抱くようです。



これは、何も持たない素のままの自分の魅力を認められていないからです。



「彼」という存在がいる自分だからこそ、魅力や価値があると思っているため、それを失うことは自分の価値を失うことに等しいので怖いのです。



彼がいなくても自分は魅力的な人間だと、最初は無理やりでもいいので思ってみることで自分に自信が持てるようになります。



そうすれば冷めてきた彼との関係も温まってくるかもしれません!





心理テストの結果はいかがでしたか?♡



隠れた気持ちを知ることで、自分と上手に向き合えそうですよね!



次回は、「遊ばれる女になってしまう…。本命の女になるためには? 」についての心理テストをお届けします♩





▽こちらも同時にチェック

isuta無料週間占い

https://isuta.jp/horoscope



isuta無料恋愛占い(半月)

https://isuta.jp/lovefortune




心理カウンセラー:月星キレイ

Website:https://ameblo.jp/happysweets-kirei



イラストレーター:IKULA

Instagram:https://www.instagram.com/ikula_illustration/




カテゴリ