原田龍二が会見 結婚前にも浮気していた 妻は「本当に直らない人ね。病気?」

原田龍二が会見 結婚前にも浮気していた 妻は「本当に直らない人ね。病気?」

 ファン女性との不倫が『週刊文春』で報じられた俳優の原田龍二(48)が31日、金曜MCを務めるTOKYO MXの情報番組『5時に夢中!』(月~金 後5:00)生出演後に会見を行った。



【写真】頭を下げ真摯に謝罪した原田龍二



 30日発売の『週刊文春』で複数のファン女性との不倫が報じられた原田は「この度は私、原田龍二の軽率な行動により、常日頃から応援してくれているファンの皆様、スポンサー様、関係者の方に多大なご迷惑とご心配をおかけしました。誠に申し訳ありませんでした。そして、妻と2人の子どもに悲しくつらい思いをさせてしまったことを深く反省しております」と深く頭を下げ、「(やり取りをかわしたのは)数人。(肉体関係を持ったのは)今回の2人のみです」と説明した。



 今回の報道を受け「本当によくできた妻なので家に帰ったら『原田アウト!』と。励ましのつもりだったのか分かりませんが、そう言ってくれました」と明かし「本当に自分は何ということをしてしまったのかというのと同時に、やはり人間的に尊敬できる女性だなと。僕と正反対で本当によくできた妻なので、恥ずかしい思いをしました」と感謝と後悔の思いを口にした。



 また「不倫は何年前から?」との質問が飛んだ際には「若い頃、結婚する前に今の妻と10年交際期間があったけど、その10年間の中でも女性と浮気をしてしまったことがある」と告白し「バレてしまって、喝を入れられたことがあります。妻は『本当に直らない人ね。病気?』と。そんな僕を見捨てることなく、そばに置いてくれたこと、ずっと今でも感謝しています」。離婚の可能性を問われると「今のところはありません」とした。



 会見前に放送された『5時に夢中!』では、オープニングから「お騒がせして、申し訳ございませんでした」と頭を下げ、アシスタントのミッツ・マングローブからは「ご自分だけは大丈夫だと思ってた?」とイジられると、再び頭を垂れて「申し訳ございませんでした」と謝罪。その後、自身で“文春砲”を報じると「人生でこんな拷問あるんですね…」とうつむき加減で声を絞り出していた。
カテゴリ