「セリフがいい!」と大反響!グッときたセリフでプレイバック<第6話>

「セリフがいい!」と大反響!グッときたセリフでプレイバック<第6話>

毎週火曜21時~『パーフェクトワールド』





車いすの建築士・樹(松坂桃李)と、高校時代に樹へ思いを寄せていたつぐみ(山本美月)のピュアなラブストーリーを描く『パーフェクトワールド』。2人は第5話で別れを選び、東京と松本で離れ離れに。本当にこのまま2人の恋は終わってしまうのか…。

そんな恋模様が注目されがちな今作だが、恋愛にとどまらず誰にでも共感できる展開やセリフが「グッとくる」「心に刺さる」「泣きそうになる」と幅広い世代から支持を集めている。そこで、反響の多かったセリフで名場面をプレイバック!

5月28日に放送された第6話では、晴人(松村北斗)の名言と洋貴(瀬戸康史)の胸キュンプロポーズにグッときた!


<グッときたセリフ①>


「自分だけ悲劇の主人公ぶるなよ。そうやって、いっくん(樹)自身が壁作ってるんじゃないの?障がいを持ってるほうが壁作ったら、相手は入ってこようにも入ってこれないよ?その壁取っ払うのが、“心のバリアフリー”ってやつじゃないの?」(by晴人)




後輩からの鋭い指摘に返す言葉もない樹


樹がつぐみと別れたことを知り、同じ障がいを持つものとして「俺たちに幸せになる権利はないのかね」とつぶやく晴人。「おまえは大丈夫。俺とおまえじゃ、障がいの度合いが違う」と励まされたが、逆に樹をこのセリフで諭した。

後輩とはいえ、樹よりも長く障がいと付き合っている晴人の言葉は名言。のちに雑誌の取材を受けた際に引用するほど、樹の心にも深く響いたようだ。ネット上でも、「心のバリアフリーって言葉、深いね」「障がいとか関係なく、人と人との関係性にも通じる言葉な気がする」「心のバリアフリーはきっと後半のキーになるね」などというコメントが飛び交った。


<グッときたセリフ②>


「おまえの気持ち無視してキスした。これで俺のほうが失礼なやつだな。おまえの中の鮎川が消えてないことくらい分かってる。あれだけの恋愛をしたんだから当然だよ。だけど、それも全部引き受けたいんだ。全部ひっくるめてつぐみだと思ってるから」(by洋貴)





つぐみは洋貴のプロポーズに対し、樹との別れが納得できずにいる状態で結婚するのは失礼だと思う、と断ってしまう。しかし、洋貴は何も言わずにキス。その行動には、つぐみへの最大限の優しさが込められていた。




つぐみはいつもそばで見守ってくれている洋貴の存在に心を動かされ…


まっすぐにぶつけられた想い、そして、すべてを包み込んでくれる温かい愛情に触れたつぐみは、戸惑いながらも洋貴の想いと真剣に向き合う決心をする。

常にヘタレ感があり、“幼なじみ”という関係から脱することができずにいた洋貴が突然見せた、男前なプロポーズに視聴者も大興奮。「ヒロって実はやり手だな」「ちょ、洋貴のキスやばすぎでしょ!」「デートに誘った帰り際に何度も振り返るかわいさを見せたと思ったら…あのキスの仕方は反則!!」「洋貴いい人すぎるよ。私が結婚したい」などというコメントが多く上がっていた。




進行性の病を抱える楓(紺野まひる)と夫の圭吾(山中崇)と出会い、樹とつぐみの運命が再び動き出す


番組概要


『パーフェクトワールド』


<放送>


毎週火曜21時~『パーフェクトワールド』


<出演>


松坂桃李 
山本美月 
瀬戸康史 
中村ゆり 
松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)
木村祐一 

麻生祐未
松重 豊

ほか

カテゴリ