医師VS技師の誇り!仕事も恋愛も負けられないライバルが激突

医師VS技師の誇り!仕事も恋愛も負けられないライバルが激突

6月3日(月)21時~『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第9話





ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第9話完全版


唯織(窪田正孝)は、病院内で意識を失って倒れた杏(本田翼)の頭部CT検査をするよう、看護師の里美(浅見姫香)らに指示する。しかし、技師からの指示に戸惑う里美たち。そこに駆けつけた辻村(鈴木伸之)は、唯織を押しやって杏の状態を確認すると、頭部CTを指示する。

杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を打っていたが、検査の結果、明らかな異常は見つからなかった。だが、肩も痛めていたこともあって、しばらく安静にして再度検査することに。





同じころ、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。辻村の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。丈介は、この件が上手くいったら鏑木にふさわしい病院とポストを紹介すると約束し、息子を安野の主治医にするよう頼む。





唯織は、小野寺(遠藤憲一)らとともに杏のMRI検査を行う。その画像を見た辻村は、肩関節の亜脱臼と診断し、保存的治療で対処することを決める。しかし唯織は、MRIだけでは不十分とし、透視下のストレステストもすべきではないか、と意見した。それに対して辻村は、技師が思いつきで言うなと拒否する。

辻村の診察を受けた杏は、彼が愛用しているペンに気づく。それは、麗洋医科大学の受験に失敗した辻村が別の医大に合格した際に、丈介から贈られたものだった。「医大に入れば、周囲は私の息子としてお前を見るだろう。これからはふさわしいものを使いなさい」。丈介はそう言うと、二流医大でも努力次第で麗洋医科大学病院に入局できるだろう、と続けた。





そんな中、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまう裕乃(広瀬アリス)や小野寺(遠藤憲一)、たまき(山口紗弥加)らラジエーションハウスの面々。記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じた。





小野寺たちラジエーションハウスの面々は、辻村から安野の検査は形だけで良い、とのオーダーを受ける。

そのころ唯織は、杏の病室にいた。肩の痛みはもうない、という杏の手を引っ張る唯織。痛がる杏の姿を見た唯織は、病室を飛び出し、辻村に再検査を依頼する。しかし辻村は、唯織の言葉に耳を貸そうとはしなかった。

するとそこに、丈介がやってくる。丈介は、小野寺たちがいるのもお構いなしに、今回の一件が済んだら麗洋医科大学病に呼び戻してやる、と言うと、安野は先月、麗洋医科大学病院で人間ドックを受けて異常なしと診断されているのだからこんな病院で検査をする必要はない、と言い放つ。辻村は、その言葉を受け、検査を止めようとした。するとたまきは、本当は嘘をつきたくないのではないか、と辻村に問いかけた。何も答えない辻村。すると小野寺は、軒下(浜野謙太)らに検査を続けるよう指示する。小野寺たちは、辻村のオーダーに従って安野のMRIや超音波検査を行い……。





杏は、見舞いに来た渚(和久井映見)に、唯織のことを話していた小野寺との会話を聞いてしまったことを告げ、何故唯織が医師であることを隠して技師として働いているのか尋ねた。すると渚は、唯織がそうしたいからに決まっている、と返す。唯織には、どちらが上でどちらが下かなど関係ないのではなないか、と言うのだ。

安野の体は、MRIや超音波検査でも異常は見つからなかった。適当な病名を書き込み、診断書を作成する辻村。だが、最後のバリウム検査の画像を見た唯織や鏑木は、スキルス胃ガンを発見する。鏑木は、安野に病名を告げ、このタイミングで発見できたのは不幸中の幸いだと説明する。

唯織は、杏の病室を訪れ、自分で検査のオーダーを出してほしいと頼む。しかし杏は、読影もせずにオーダーは出せない、と返す。そこにやってきた辻村は、オーダーを出すからすぐに準備に取り掛かってほしい、と唯織に告げた。

テレビでは、安野の病状を伝える鏑木の姿が流れていた。それを見た丈介は、辻村に連絡し、推薦状と入局申請書を送るからサインして送り返すよう指示する。

杏の検査をした唯織は、肩関節に亜脱臼が見られ、不安定性があることから、関節鏡によるオペを辻村に頼む。しかし関節鏡の経験が少ない辻村は、甘春総合病院に適任者がいなければ麗洋医科大学病院に転院させる、と言い出す。それに対して唯織は、麗洋病院の医師の方が辻村より優秀なのか、と問いかける。続けて唯織は、今までに何度も辻村が担当した患者の術前・術後の写真を撮ってきた自分には、辻村がどれだけ丁寧に治療してきたかわかる、と告げ……。





杏の病室を訪れた辻村は、明日手術を行うことを告げる。辻村は、結局唯織が正しかった、と杏に言うと、甘春総合病院に来たのは杏の父の講演に感動したからじゃない、と続けた。他の研修医についていけずに研修期間中に逃げ出したことを思い出す辻村。杏は、そんな辻村に、自分たちはこだわり過ぎなのではないか、と言うと、大事なのは立場や場所ではなく、何をするかなんじゃないかと思う、と告げる。

あくる日、杏の手術が行われる。唯織が撮影した写真でイメージトレーニングをしていた辻村は、手術を成功させた。手術の前、辻村は、送られてきた推薦状に、入局を辞退すると書いていた。その手には、インクが切れてしまった愛用のペンではなく、安物のボールペンが握られていた。

唯織のもとにやってきた辻村は、手術の成功を伝えると、改めて技師たちに礼を言った。唯織と向き合った辻村は、仕事も恋愛も負けるつもりはない、と言って唯織の手を握り……。


番組情報


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』


<放送日時>


毎週(月)21時00分~21時54分


<出演者>


窪田正孝
本田 翼

広瀬アリス
浜野謙太
丸山智己
矢野聖人
山口紗弥加
  ・
遠藤憲一

鈴木伸之
浅野和之
  ・
和久井映見

カテゴリ