癒やし系のはずが…彼に「退屈」だと思われちゃう女子

癒やし系のはずが…彼に「退屈」だと思われちゃう女子

いつの時代も男性に人気の「癒やし系女子」。


一緒にいても疲れず、優しくて、落ち着いた相手を彼女にしたいと思うもの。


しかし!そんな癒やし系女子も一歩間違えれば「退屈だと思われる女子」になってしまうのはご存知でしたか?


そこで今回は、癒やし系と退屈さをはき違えないためのポイントについてお話していきます。



1、穏やかでのんびり、彼に合わせる癒やし系女子


現在の癒やし度☆☆退屈度☆☆☆


自己主張をしない、いつも同じ雰囲気の女子。物腰の柔らかいのんびり屋さんが多く、いつも穏やか。


あまり自己主張をせず、欲もなく、自らエネルギッシュに行動するのとは無縁です。


でも、冒険したり、自分から貪欲になったりしない彼女は、行動や言動が予測できるので、彼は飽きてしまいます。


癒やし系女子の安定感は、受け取り方によっては退屈に思えてしまうのです。


手っとり早く退屈を取り除くには、外見を少しだけ変えてみていかがでしょうか。


例えば、ピンクのリップを赤にしてみたり、いつもスカートならばパンツにしてみたり。


小さなことですが、彼にアレ?と思われることが大事。内面は簡単に変えられないけど、これならトライできそうですよね。


2、彼のすべてを受け入れる心の広い癒やし系女子


現在の癒やし度☆☆退屈度☆☆


彼が連絡を怠ろうが、遊びに行こうが、彼のことを否定しない。


一見、彼にストレスを与えない癒やし系女子ですが、彼にあまり関心がないと思われてしまいがち。


しかし、こんな女子の中には、ケンカにもならないタイプがいます。このケースは、彼の言い分やわがままも大きな心で受け止め、自分が引けば争わずに済むからです。


癒やし系であったからこそ、今までの人生争わずに済んだ……。そもそもがケンカが苦手なタイプなんです。


男子にとっては本当にありがたい彼女なのですが、だんだん退屈になってきます。


人って平和でいたいけど、平和だと退屈に思えてくる勝手な部分を持っていますよね。恋愛も同様です。


あまり彼の言うことをウンウン聞いていると、「どうでもいいのかな?」や「俺に関心ないのかな?」なんて思われてしまい、いつも同じ反応をする退屈女子に思われてしまいます。


ワザと彼に従わない日や、わがままを許さない瞬間を作ることで彼にドキッとさせるテクニックが使えるようになると、マンネリから抜け出せますよ。


3、感情がフラットで一緒にいても疲れない癒やし系女子


現在の癒やし度☆☆☆退屈度☆☆☆


精神的に安定していて、急にキレたり機嫌が悪くなったりはしないけど、反面嬉しい・楽しい・好きの表現も地味な女子。


感情の起伏が激しい人とは一緒にいて疲れてしまいますが、あまりにも感情の落差がない人も、そのうち物足りなく思われてしまいます。


また、「いつも穏やかでニコニコしてるけど本心が分からない」なんて思われてしまうことも。


男子は、好きな女子をたくさん楽しませたいと思っています。そして彼女喜ぶことによって自分を満足させ、男としての自信を高めるのです。


だから、嬉しい、楽しい、大好きの感情はとにかく大げさに!オーバーリアクションくらいがちょうどいいのです。


退屈さを感じさせない癒やし系を目指せッ!


どの項目もしっかりと心にとめておいていただければ、癒やし系女子でも退屈に思われず、さらにパワーアップすること間違いなし。


今は癒やし系要素が全くない……。という方でも、癒やしのエッセンスを少しだけ取り入れるだけで、今よりもっと楽しいお付き合いができるはずですよ。


ぜひ、退屈だと思われない、楽しくって夢中になれる癒やし系女子を目指してみてくださいね。


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ