気づいてあげて!「不器用男子」の嫉妬サイン

気づいてあげて!「不器用男子」の嫉妬サイン

恋に不器用だったり臆病だったりする男性は、なかなか自分の思いを素直に表現することができません。


でも、自分なりに好意や嫉妬の気持ちをぶつけていたりもするので、それに気づいてあげられるようになるとふたりの関係がもっと良くなるはず。


そこで今回は、「不器用男子」が出している嫉妬サインを紹介します。



強引に「話題」をすり替える


例えば、ちょっと他の男性の話をしたときに、そこにはあまり反応を見せずに、全く関係のない話にすり替えたりする。


これはその男性に対して嫉妬をしているからこそ取っている、不器用男子ならではの行動だと言えます。


「もうその話を聞きたくない」という思いが強すぎて、無理やりにでも話題を変えるしかできなかったのでしょう。


こういったときには、「話を変えないでよ」なんて言ったりせずに、何事もなかったかのように男性に合わせてあげた方が、変なわだかまりも生まれないはずですよ。


「LINEの回数」が増える


ちょっと他の男性の存在を感じたりして嫉妬をすると、それと同時に不安や心配も大きくなっていくもの。


「他に好きな男ができたのかも」とか「誰か言い寄ってきている男がいるのかも」なんて思いが頭の中を巡ったりもするでしょう。


そうなると、あなたの行動を探るためだったり、自分の存在をアピールする目的で、LINEを送ってくる回数が急に増え出すこともあるかも。


そこではっきりとは言わないまでも、「何をしていたのか?」とか「誰と遊んでいたのか?」などを遠回しに聞いてくるのなら、立派な嫉妬サインだと言えますよ。


SNSで「嫉妬させようとする」


不器用な男性は、自分が嫉妬をしたときに、「こっちだって嫉妬させてやる」なんて考えたりしがち。


SNSに女友達と遊んだことや飲み会をしたことをアップして、ちょっと揺さぶりをかけようとしたりするケースもあります。


いつもはそんな投稿などをしないのであれば、あなたに向けた嫉妬からくる行動なのかも。


「あの子たちって誰なの?」などと、たまにはちょっと嫉妬しているところも見せてあげると、男性は自分への気持ちを感じて喜んでくれるはずです。


他の男を「悪く言い始める」


他の男性に対して嫉妬をすると、その男性のことを悪く言い始めることも意外とよくあります。


あなたをその男性に奪われたくないから、「あいつは性格が悪い」とか「ああいう男は信用できない」なんて、悪い情報を入れ込もうとするのです。


同時に、「俺だったらあんなことはしないね」などと、自分を良く見せようとする発言もしてきたのなら、それはもう確実にあなたへのアピール。


あなたと仲良くしている男性を悪く言うことが多い場合は、嫉妬サインである確率がさらにグンと高くなりますよ。


おわりに


「嫉妬」は好きだからこそ起こる感情で、好意の裏返しでもあります。


不器用な男性でも、わかりにくくはあっても嫉妬を表現してはいるものなので、その好意は見逃さないようにしてあげてくださいね。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ