男性に「運命の相手はお前だ」と思わせる方法3つ

男性に「運命の相手はお前だ」と思わせる方法3つ

本気で惚れているほど、相手をモノにしたいと思うもの。


「この人しかいない!」と思える出会いって、そうそうあるものではありませんから、逃したくないと思うのは当然のことです。


今回は、男性に「運命の相手かも」と思わせる方法がないか考えてみました。


いま、本気で気になっている相手がいる女性は、ぜひアプローチに役立ててみてください。



共通点を掘り下げて会話してみよう


相手と共通点が多いほど、相性は際立ってくると思います。


たとえば、食べ物の好き嫌いが同じ、顔の特徴が同じ、性格やタイプが似ている、共通の趣味がある、仕事に対する考え方が似ているなど。


共通点は些細なことから、人となりなどの内面的なものまで、どんなことでも当てはまります。


会話やLINEをするときは、どんな小さなことでもいいので、共通部分をみつけて伝えてみてください。


似ている部分を話題に出すことで、「あ、そうなんだ」と相手はあなたに興味を持つはずです。


相手との距離を縮める上で、まず意識したいのは共通点を見つけることです。


ぜひ、積極的にコミュニケーションを取りながら、相手との共通点を探ってみてください。


言動のタイミングを合わせてみよう


デート時に意識したいのが、相手と言動のタイミングを合わせることです。


たとえば、お店に入ってオーダーするときに、相手の注文に合わせてメニューを決めるとか、相手が上着を脱いだタイミングで、自分も上着を脱ぐとか。いずれも意識して合わせられるタイミングですよね。


「相手に合わせる」ということは、相手のことがそれだけ「気になる存在だ」という意思表示になると思います。


デート時は、相手とタイミングを合わせて、意思疎通を図ってみてください。


ムリなく合わせられるなら、相性がいいと感じられ、存在感も際立ってくるはずです。


ムリして付き合うのはやめよう


運命の相手がいるとすれば、それは等身大で付き合える相手だと思います。


一緒にいて気を遣わず、長い目で見て深い関係になれそうな相手、その考えからいくと、無理のない付き合いができることは、大事なポイントになりそうです。


ムリをしなくても会話が続く、または沈黙があっても平気。自分の本音をさらしても、相手が受け止めてくれるなど、無理ない付き合いができる人を選びたいもの。


初めからは無理でも、お互いに少しずつ自分を出していき、居心地のいい関係を作るよう努力してみましょう。


おわりに


運命の相手と思わせのは、意識ひとつで作れるものかもしれません。


「この人だ!」と思える出会いがあったら、無理のない範囲で、このようなポイントを実践してみてください。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ