男性が語る「顔がタイプじゃない彼女」の妥協ポイント

男性が語る「顔がタイプじゃない彼女」の妥協ポイント

好きな男性がいて、好みのタイプの話などすることもあると思います。


そのタイプに、自分がまったく当てはまらなかったら諦めてしまいますか?


それはとてももったいない。


男性も、顔がタイプではなかったとしても、妥協できるポイントはいろいろあるんです。それはいったい……。



肌がキレイ


「正直、今の彼女は、見た目まったくタイプじゃありません。なぜ付き合ったかというと、肌がすっごくキレイだったからです。


白くて、シミもまったくない。タイプじゃないけど、この肌に触れたい……って思ったんですよね。なので告白しました」(28歳/印刷)


人は、自分が持っていないものに対して、強く惹かれます。


ですから、キレイな肌というのは、男性を引き付ける大きな魅力のひとつとなるのです。


彼のタイプの顔とは程遠いから……と嘆いて諦めるめる前に、スキンケアに力を入れて美肌を目指してみるのも手。


男性が意外と女性の肌を見ていますし、肌の調子がいいと接近戦にも自信がつきますから。


寝顔が可愛い


「合コンに参加したときでした。女性陣に、まったく興味が湧かず……。二次会は行きたくなかったんだけど、強制的に参加させられました。


すると、ひとりの女の子が、ウトウトし始めたんです。その寝顔が可愛かった。


まつ毛が長くて、女の子らしかったんです。一気に興味が湧きました」(26歳/営業)


普段、一緒に寝ることなんてないので、寝顔は見ることはできません。特別な相手だけ。


寝顔に魅力を感じたのなら、付き合って恋人関係になるしかないのです。


好きなパーツがある


「僕は、顔で一箇所すごくこだわりのある部分があります。それが、鼻。


特に、鼻の付け根の部分です。ここが、キレイな曲線を描いていると、それだけで気になってしまいます」(27歳/SE)


顔のなかに、たった一部分だけでも好みの部分があると、好きになる可能性は十分にあります。


好みは人によって違い、特殊な部分である場合もあるので、情報は取集しておきたいところですね。


似ている芸能人がいる


「友だちに女の子を紹介されたんです。そのとき、誰かに似てる……って思ったんですね。


で、ある日テレビを見てたら、これだって人がいた。女優さんなんですけどね。すごく似てる。それからなぜか、その子もその女優さんも、気になり始めました」(28歳/旅行)


芸能人は、憧れの存在であり、チヤホヤされているもの。


そんな芸能人に似ている女性は、どこか貴重な存在のように思えてくる。人には、みんなが欲しがるものを欲しがる性質があるので、惹かれてしまうのです。


似ていると言われる人気有名人がいれば、あえて寄せていくのも手かもしれませんよ


おわりに


誰も、自分の好みにドンピシャな相手と付き合っているわけではありません。


どこか一部分でも、好みに当てはまりさえすればいいんです。


なのですぐに諦めたりせず、傍にいて情報を収集して少しでも近付けていけば、可能性は十分にあるでしょう!


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ