小さな命を守る奇跡の手術!!そして、杏の父親の前院長も病院に現れて……

小さな命を守る奇跡の手術!!そして、杏の父親の前院長も病院に現れて……

6月10日(月)21時~『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第10話





ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~第10話完全版


出勤途中の唯織(窪田正孝)のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。
 
鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、と嬉しそうに話す鏑木。

そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。出勤した際に見かけ、そのようすが気になって声をかけた老人が杏の父親だったことを知り、驚く唯織。正一がうつ病状態だと知る小野寺(遠藤憲一)やたまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎えた。





同じころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査にしり込みし、軒下(浜野謙太)に助けを求める。そこで、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いも考えられたが……。





鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出する。院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた正一に気づいた。正一も鏑木に挨拶しようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまう。

幸い頭痛は一過性のものだったが、正一はひどく落ち込んでいるようすだった。唯織は、念のため検査をしてはどうかと杏に持ちかけた。しかし杏は、半年前に検査をしたがどこにも病変は見つからなかったと返す。杏は、力になりたい、という唯織に感謝しながらも、すぐにどうにかできる病気ではない、と答えるしかなかった。ラジエーションハウスに戻った唯織は、念のため正一の画像データを確認した。だが、やはり目立った所見は見当たらなかった。





光は、鎖骨を骨折していることがわかった。そのとき光のカルテを見た唯織は、卵アレルギーであることを知る。辻村は、原因に何か心当たりはないかと茜に尋ねた。すると茜は、ケガをしやすい子なので極力安全な家の中で遊ばせるようにしている、と答える。茜は、もう歩いたり喋ったりしている周囲の子に比べて光の成長が遅れていることに悩み、自分の育て方が悪いのではないかと苦しんでいた。

唯織が光の画像を見ていると、そこに杏が通りかかる。O脚が目立っていることが気になる、と杏に話す唯織。すると、辻村が唯織の意見を聞きにやってきた。辻村いわく、茜には家の中で転んだことくらいしか心当たりがないらしい。そこに、茜が忘れていった帽子を届けにいったたまきが戻ってくる。たまきによれば、光は紫外線対策で、帽子だけでなく全身対策をしていたという。その言葉を聞いた唯織や辻村はハッとなり、すぐに茜に連絡する。

唯織たちは、光の大腿骨を中心にレントゲン検査する。そこで、唯織や辻村らが考えていた通り、光がくる病であることが明らかになった。くる病は、ビタミンDの欠乏や異常代謝により、軟骨の成長が上手くいかずに、骨が柔らかくなってしまう病気で、場合によっては発達の遅れなども現れることもあった。ビタミンDを体内で作りだすためには適度に紫外線を浴びる必要もあったが、光は卵アレルギーで普段からビタミンDの摂取量が十分でない上、紫外線を完全にシャットアウトしていたことも原因のひとつと考えられた。光の病気は、ビタミンDの摂取で徐々に改善していくものと思われた。しかし茜は、良かれと思ってやっていたことが子どもを苦しめていた、と自分を責めてしまう。





唯織は、光の両足に力が入っていないことが気になり、レントゲン画像を見直していた。そこに、病院を後にした光が意識を失い、緊急搬送されたとの知らせが届く。唯織は、光を小児専門病院へ搬送しようとしていた整形外科長の野村(清水昭博)や辻村たちの元へと駆けつけ、レントゲン画像を見せた。骨の石灰化や変形を見つけた唯織は、神経芽腫を発症しているかもしれないと指摘し、すぐに検査をして腫瘍の場所を突き止めるべきだと主張した。だが鏑木は、相手が乳児の場合は検査や治療の難易度も高くなるから、経験豊富な専門病院に搬送するよう指示する。唯織は、万が一呼吸不全に陥った場合、脳に障害が残ってしまう危険性があるとして、正確な胸腹部CT画像があればこの病院でも治療に臨めるはずだと反対した。杏や辻村も唯織に同調し、検査をさせてほしいと鏑木に頼んだ。そこで野村は、胸腹部CT検査を決断し……。

小野寺の指示の下、唯織たちは胸腹部CT検査の準備を整えた。唯織は、光の呼吸に目を凝らし、一瞬の判断で撮影スイッチを押す。

唯織が撮影した画像を見た杏は、脊椎の脇に骨を圧迫する腫瘍を見つける。だが、腫瘍が脊髄に進展している可能性があり、手術は難しい状態だった。そこに現れた鏑木は、唯織が撮影した画像をもとに脊髄と腫瘍の間にわずかな隙間があることを見抜き、これなら問題なく手術はできる、と皆に告げる。鏑木の実力を知って驚く裕乃たち。小野寺は、そんな彼らに、1日に100件近く読影しそれを30年以上続けている鏑木の右に出る者はいない、と話す。





たまきは、茜のもとを訪れた。自分を責めてばかりいる茜に、完璧にできなくてもいいのではないか、と話すたまき。周りを見渡せば、自分に足りないものを補ってくれる人がいるものだ――たまきは、そう茜に告げた。

渚のもとを訪れた鏑木は、辞表のことを切り出そうとする。とぼけた様子でそれには答えず、お茶が入った箱を手渡す渚。鏑木は、聡子に電話し、院長になる誘いを辞退しようと思う、と告げる。すると聡子は、加奈子と一緒にハワイ旅行を申し込んであるから金を振り込んで、と言って電話を切ってしまう。そのとき、鏑木の手からお茶の箱が落ちた。箱の中には渚に渡した辞表が入っていた。

正一のことが気になった唯織は、改めてMRI画像を見ていた。その際、正一が過去にレントゲンを撮っていることに気づく唯織。それは、自転車に追突されたという正一を、当直だった軒下が撮影したものだった。そこであることに気づいた唯織は、追突事故の後、正一が飛行機に乗ったかどうかを軒下に尋ねた。正一は北海道に行っており、乱気流に巻き込まれて怖かった、と話していたという。それを聞いた唯織は、杏の元へと向かい、すぐに正一の検査をさせてほしい、と頼んだ。





あくる日、正一は、杏ととともに甘春総合病院を訪れる。正一のMRI検査を始める唯織たち。その際、小野寺の電話に着信があった。息子の大樹(田中奏生)が訪ねてきたのだ。





MRI検査を終えた唯織は、次に髄液漏れの検査を行うと皆に告げる。正一には別の病気が隠れているかもしれない――唯織はそう説明し……。


番組情報


『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』


<放送日時>


毎週(月)21時00分~21時54分


<出演者>


窪田正孝
本田 翼

広瀬アリス
浜野謙太
丸山智己
矢野聖人
山口紗弥加
  ・
遠藤憲一

鈴木伸之
浅野和之
  ・
和久井映見

カテゴリ