ミキ昴生、『M-1』会見で“闇営業”ネタ「カラテカさんと楽しんごさんに…」

ミキ昴生、『M-1』会見で“闇営業”ネタ「カラテカさんと楽しんごさんに…」

 お笑いコンビのミキが13日、漫才日本一を決めるお笑いの祭典『M-1グランプリ2019』開催会見に出席。7日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で雨上がりの宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成らが詐欺グループの忘年会に参加したことが報じられたことをネタにしながら、優勝への意気込みを語った。



【写真】『M-1』への意気込みを語った霜降り明星ら



 会見前に、関係者から「『M-1グランプリ』以外のことに関する質問はお控えください」と重ねて呼びかけがあったが、MCを務めた陣内智則が「優勝宣言、それから闇営業行ってますよっていう人はいますか? いませんね」と軽くイジった。



 この一言に触発されたのか、昴生が優勝賞金1000万円の使い道について「会社に怒られるかもしれないですけど、非公表で『闇M-1グランプリ』をやって、カラテカさんと楽しんごさんに…」とニヤリ。陣内が「彼はもう弊社の人間じゃないんだ」とツッコむと、昴生は「審査員には宮迫(博之)さん」とたたみかけ、陣内も「彼は弊社だ」と応酬していた。



 2015年に5年ぶりに復活した同大会は、プロ・アマ・所属事務所を問わず、2人以上で結成15年以内のコンビ(2004年1月1日以降の結成)が出場可能。きょうよりエントリー受付を開始し、8月1日より1回戦がスタート。決勝戦は12月にABC・テレビ朝日系にて生放送し、優勝賞金は1000万円となっている。



 会見にはそのほか、昨年の王者・霜降り明星を筆頭に、見取り図、ゆにばーす、トム・ブラウン、アインシュタイン、からし蓮根、たくろう、東京ホテイソン、EXITが出席した。



■M-1グランプリ 優勝者一覧【参加組数】

2001年度 中川家【1603】

2002年度 ますだおかだ【1756】

2003年度 フットボールアワー【1906】

2004年度 アンタッチャブル【2617】

2005年度 ブラックマヨネーズ【3378】

2006年度 チュートリアル【3922】

2007年度 サンドウィッチマン【4239】

2008年度 NON STYLE【4489】

2009年度 パンクブーブー【4629】

2010年度 笑い飯【4835】

2015年度 トレンディエンジェル【3472】

2016年度 銀シャリ【3503】

2017年度 とろサーモン【4094】

2018年度 霜降り明星【4640】
カテゴリ