片寄涼太、この夏勇気を出して挑戦したい「週刊○○」とは?

片寄涼太、この夏勇気を出して挑戦したい「週刊○○」とは?

6月21日(金)全国ロードショー 映画『きみと、波にのれたら』




「勇気を出して一歩踏み出したいこと」の片寄の回答は?


GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と川栄李奈が、声優でW主演を務めたアニメ映画『きみと、波にのれたら』が、6月21日(金)に公開。同日、初日舞台挨拶が開催され、片寄と川栄、共演した松本穂香、伊藤健太郎、湯浅政明監督が登壇した。

初日を迎え、片寄は「僕の大好きな映画になっていて、初日を迎えるのをワクワクしていたので、すごくうれしい気持ちです」と喜び、川栄も「この夏ピッタリの映画なので、みなさんに観てもらうことができてうれしいです」とニッコリ。





声優初挑戦となった松本は「不思議な気持でいっぱい。これからたくさんの人に観てほしい」とほほ笑み、伊藤は「天気がいい日に観たくなる映画だと思う。本当は今日、雨の予報だったのに、初日晴れてよかった」と晴れ晴れとした表情で語った。

本作は、現在開催中の上海国際映画祭の金爵賞アニメーション長編部門にノミネートされていて、片寄が23日に現地で開催されるレッドカーペットイベントに登場することに。





中国は、自身が一番訪れている国だという片寄は、なじみのある場所で「自分が初めて声優を務めさせていただいた作品を届けられるのはうれしい」と喜び、「海外の映画祭に出席するのは初めて。ドキドキしますけど、皆さんの分もしっかり胸を張って歩いてきたい」と意気込んだ。





切ないラブストーリーになる本作。完成披露試写会などで本作を観た観客は、感動して涙を流したという人が多かったという。川栄は「この作品は切ないだけではなくて、観終わった後に背中を押してくれるような作品なので、皆さんが前向きに生きる勇気や元気をもらえたらうれしいです」と期待を。





伊藤も「考えさせられる部分がある映画だと思う。観てくださった方が涙を流してもらえるのは本当にすごいことだと思うので、そういう作品になってうれしい」と感慨深い様子で明かした。

またトークでは、劇中での印象的なセリフやシーンを語り合う一幕も。川栄は劇中での港のセリフにふれ、「胸キュンなセリフを普通に言うんですけど、それがすごくかっこいいなって思いました」と告白。そんな港を演じた片寄は、自身も胸キュンなセリフを言うのは照れる方ではない」と語り、「港の“ポン”という感じがかわいくて。僕は港のそういう部分は好きなので、どうやったらいいのかと思いながら演じました」と回顧。

そして、伊藤も港の印象的なセリフをあげ、「波に乗るんだ」という港のキザなセリフを手振りしながらモノマネして振り返り、会場の笑いを誘っていた。

最後には、キャストの4人がこの夏、一歩踏み出して挑戦していたいことをイラストで描いて発表することに。





松本は、包丁ときゅうりの独特なイラストを描き、「料理の達人になりたい」と宣言。伊藤は地球と飛行機のイラストと共に「一人旅」と言い、「一人旅の楽しみ方が分からなくてできない」と悩みを告白。川栄は、浴衣を着た女性のイラストを描き、「大人になってからプライベートで浴衣を着たことがないので、今年は着たいですね」と笑顔で明かした。

そして、ラストになった片寄は、イラストと共に「週刊松本穂香に出たい」と宣言。「僕、松本さんを知ったのが作品ではなく、インスタグラムだったんです。毎週、テーマが違うシュールな企画をされていて、本当にクセになるんです。今年の夏は出たいんです」と明かすと、松本が「このあとで一緒に!」と即OKが出て、喜んでいた。





作品情報


『きみと、波にのれたら』


<公開>


6月21日(金)全国ロードショー


<監督>


湯浅政明


<声の出演>


片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
川栄李奈
 ・
松本穂香
伊藤健太郎

ほか

カテゴリ