『はたらく細胞』体内で活躍する細胞たちの名言

『はたらく細胞』体内で活躍する細胞たちの名言

2期製作決定した『 はたらく細胞 』。1期の振り返りとして、印象に残った名言をピックアップしてみました。


このページの目次

1 1話「この雑菌野郎!」2 2話「こんなの、かすり傷だ。すり傷だけに・・・」2.1 3話「ぼくは過去の弱い自分を克服し、活性化して帰ってきました」3 5話「食えば分かる!」4 6話「栄養分も酸素も奪わなくても生きられる細菌が、ナゼわざわざ体内に来たと思う?」5 8話「俺たち殺し屋なんだよ!いつでも使えるようによーく研ぎ澄ませておけ、心のナイフをなぁ!」6 10話「乙女には秘密の一つや二つあるものよ」7 11話「雨よぉおおお、降れぇえええ」8 13話「でぇ~じょぉ~ぶかぁ~?」
■1話「この雑菌野郎!」

赤血球ちゃんのピンチに駆けつけた白血球さん。この決まり文句で雑菌は断固排除です。


返り血がちょっと怖いですね。


■2話「こんなの、かすり傷だ。すり傷だけに・・・」

画像引用元:(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction


すり傷回の戦闘が終わった後の白血球のセリフ。赤血球ちゃんを和ませようとしたのでしょうが、キョトンとされました。


3話「ぼくは過去の弱い自分を克服し、活性化して帰ってきました」
逃げ出したナイーブT細胞がエフェクターT細胞として帰ってきた。


しかも増えている・・・。


■5話「食えば分かる!」

がぶっ、これは・・・スギ花粉。何だかわからないものをよく口に出来ますねぇ。これも仕事の内なんですね。

記憶細胞さんのパニックぶりもショッキングでした。


■6話「栄養分も酸素も奪わなくても生きられる細菌が、ナゼわざわざ体内に来たと思う?」

緑膿菌さんのセリフ。栄養も酸素も無くても生きられる細菌っているのですね。答えは、「無力な血球をいじめるのが大好きだから」だそうです。


■8話「俺たち殺し屋なんだよ!いつでも使えるようによーく研ぎ澄ませておけ、心のナイフをなぁ!」

TVアニメ『 はたらく細胞 』第7話「ガン細胞」【感想コラム】画像引用元:(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction


にやけ顔の白血球さんを突然殴りつけて放った言葉。しかしこの後、「うらやましくなんか・・・ない」他人に厳しく、自分にも厳しくですね。


■10話「乙女には秘密の一つや二つあるものよ」

単球さんの正体はマクロファージさんでした。単球の姿のときは、とても乙女と思えない振る舞いです。


■11話「雨よぉおおお、降れぇえええ」

熱中症回です。「ま、まずい・・・隊長が壊れたぞぉおおお!」って「隊長」と「体調」を掛けているのですね。


このギャグ、どれくらいの人が気付いたでしょうか?


■13話「でぇ~じょぉ~ぶかぁ~?」

TVアニメ『はたらく細胞』第13話「出血性ショック(後編)」(最終回ですよ!)【感想コラム】画像引用元:(C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction


赤血球ちゃんが雪に埋もれて力尽きようとしたところに、突然現れた輸血さんたち。どうやら東北人の血が入ったようです。



私たちの体の中で2期ではどんなドラマが展開されるのか、今から待ち遠しいですね。


文章:kyouei-百百太郎


はたらく細胞 アニメ情報





(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ