意外に知らない単位のルール!1升(しょう)瓶の「1升」は、何合(ごう)?

意外に知らない単位のルール!1升(しょう)瓶の「1升」は、何合(ごう)?

6月24日(月)『ネプリーグ』





柔道日本代表のウルフ・アロンら<日本代表アスリートチーム>と、大久保佳代子や夢屋まさるら<インテリ芸人チーム>が対決した6月24日放送のネプリーグ。

今回も、現代文担当の林修先生と地理担当の村瀬哲史先生が、「誰かに話したくなるウンチク」を披露してくれた!


「1合」「1升」「1斗」は、どれくらいの量を表すのか?


「1合(ごう)」「1升(しょう)」「1斗(と)」といった単位について教えてくれたのは、村瀬先生。日本で古くから使われてきた体積の単位「合」「升」「斗」は、それぞれどのくらいの量を表すのだろうか?

お米を量る時に使う「1合」は、約180cc。「一升瓶」でおなじみの「1升」は、10合分=約1800ccだ。では「一斗缶」の「1斗」は?

正解は「100合」。つまり、約18000cc=18リットル。「1合」「1升」「1斗」は10倍ずつ増えていくと覚えておくと、何かの時に役に立ちそうだ。そこまで来ると「1合」の1000倍を表す単位も気になってくるが…。

「1合」の1000倍は、武士の領地を表す時などに使われる「1石」。一斗缶10個分のサイズだ。つまり、「加賀百万石」はお米10億合分!少しイメージしづらいけれど、加賀藩がものすごく豊かだったということだけは理解できるはずだ。

意外に知らない単位のルール!1升(しょう)瓶の「1升」は、何合(ごう)になる?




一般的な計量カップは200ccなので、お米を量る時は注意!


「テントウムシ」を漢字で書くと「天道虫」。その理由は太陽に向かって飛び立つから!


赤くてかわいらしい「テントウムシ」。英語圏やドイツ語圏では幸運を運ぶ虫としても愛されている「テントウムシ」を、漢字で書くと?

正解は「天道虫」。番組では正解が出ない中、夢ちゃんこと夢屋まさるが見事に答えを書き当てた。でも、“お天道様”=太陽を表す漢字が使われるのはなぜなのか、諸説ある中の理由の一つを林先生が教えてくれた。




さすが現役慶応大学生の夢ちゃん、お見事!


テントウムシには、葉っぱや枝を登りきって行き先がなくなると、空に向かって飛び立つ性質がある。

それを見た昔の人たちが、太陽に向かって飛んでいくようだと感じたため、お天道様の虫=天道虫と名付けられたのだ。




テントウムシの名前の由来には諸説アリ


番組概要


『ネプリーグ』


<放送>


6月24日(月)19時~20時


<出演者>


【日本代表アスリートチーム】
名倉 潤
武井 壮
ウルフ・アロン
福島善成
岡崎朋美
原田泰造

【インテリ芸人チーム】
堀内 健
大久保佳代子
夢屋まさる
山内健司
濱家隆一
林 修

カテゴリ