だから残念!年上男子のイラっとする一言

だから残念!年上男子のイラっとする一言

包容力が感じられる年上男子は女性にとっての憧れの存在ではないでしょうか。


でも年齢差があるからこそ、ギャップや考え方の違いが生まれてしまうことも…。


今回は年上男性から言われてイラっとしてしまった一言を、女性たちの体験談とともに紹介。反応に困ったときの対処法もまとめました。



年上だからって…命令口調な一言


「2つ上の彼氏に仕事の悩みを話すと、『~しろよ』『~しなきゃだめ』など、アドバイスが命令のような口調。


本人は無意識なんだろうけど、だからこそ余計にその上から発言にイラっとしてしまう自分がいます」(26歳/事務)


年下の彼女にいいことを言ってあげないと!と思っての助言だとは思いますが、最終的にただの上から目線に……。


とはいえ、彼が気づいていないのなら、そこで言い返しても喧嘩になってしまうのがオチ。


アドバイスへのお礼だけはきちんと伝えて、あとはさらっと受け流してしまうのが得策かもしれませんね。


年上の余裕?さらっと流す一言


「私は彼氏と喧嘩ができません。彼は5つ年上で、嫌なことがあってこちらが文句を言うと、いつも何も言い返すこともなく『俺が悪かった、ごめんね』とだけ言います。


よくよく考えればお互いに悪くないときにも。怒りのぶつけどころがなくてイライラする……」(31歳/看護師)


価値観の違いなどは、意見交換をしたいものですよね。でも年上の男性は、女性に対して少なからず「守ってあげたい」感情が働くもの。


「責めるようなことはしたくない」と考える人もいるようです。そんなときには、「私は○○だと思うけど、あなたの意見を聞きたい」というように、相手の発言を促すような言い方を試してみましょう。


経験値があるとはいえ…何でも知っている風の一言


年上男子のイラッとする一言

「彼に食事に連れて行ってもらいました。どれも美味しくて感動していると『そうだよね、俺も最初は感動した』とすごく冷静な彼。


同じ反応はできなくても、もうちょっと合わせてくれてもいいのでは?と気分が下がりました」(25歳/受付)


年上で経験豊富な面もあるとはいえ、「初めて」の喜びに共感してもらえず、いつも冷静な意見ばかりだと興ざめしてしまいますよね。


自分がおすすめのお店に連れてきてくれた、という行動までは素敵だったのですが……こんなちょっとした一言で残念な結果になってしまうこともあるようです。


彼にイラっとしたら、好感度を上げるチャンス!


年上男性は女性にとって魅力に感じる部分をたくさんもっています。が、何でも完璧とはいかないですよね。


相手のちょっとした一言でイラっとしてしまうこともあるかもしれません。


しかし、彼に悪意がないなら、やんわり気づかせてあげるようにする、サラッと流すなど、あなたが大人な対応をしてあげるのもうまく付き合っていくコツかもしれません。


(愛カツ編集部)



カテゴリ