フェンシング・敷根崇裕「僕が、金メダル第1号になりたいです!」

フェンシング・敷根崇裕「僕が、金メダル第1号になりたいです!」

6月30日(日)19時~『ジャンクSPORTS』




敷根崇裕選手


今回の「ジャンクFOCUS」は、フェンシング男子フルーレ・敷根崇裕(しきね・たかひろ)選手、21歳に密着する。




フェンシングを始めたころの敷根選手


父はフェンシングの元日本代表、母も元国体選手という“フェンシング一家”に生まれた彼は、幼稚園のときにフェンシングを始める。

そして2015年に、17歳で日本代表デビュー。現日本フェンシング協会会長の太田雄貴とともにW杯を戦った。2016年には、世界ジュニア選手権で、日本フェンシング史上初!個人と団体で金メダルという偉業を達成。

2008年、北京オリンピックで銀メダルを獲得した太田雄貴以来の、東京オリンピックでの個人メダル獲得に期待が寄せられている。


意外!?スイーツ男子な一面も


そんな敷根選手には、今ハマっているという意外な趣味が…。







兄にも絶賛されたというマカロン


「自分でお菓子とか作ったりしています。クックパッドとか見て作ります。マカロンとかも作って。自分の兄が、彼女から手作りのマカロンもらったみたいで。『僕の(作ったマカロンの)方がうまい!』と言っていました」と笑顔を見せる。





今回は、敷根選手の剣さばきの速さを見てもらうために、風船割りに挑戦。上から落ちてくる5つの風船を次々と割っていくのだが…。

今後の目標について、敷根選手は「オリンピックまでにW杯で1度優勝、そしてオリンピックで金メダルという流れを作りたい。僕が、金メダル第1号になりたいです」と力強く語った。





そんな敷根選手を見たスタジオの浜田雅功の反応は…?

6月30日(日)の『ジャンクSPORTS』は、ボクシング・WBA、IBFのバンタム級チャンピオンの井上尚弥と、井上が所属する大橋ジムの大橋秀行会長、元プロ野球の高木豊と谷繁元信、なでしこジャパンで活躍した元サッカー選手の丸山桂里奈とスペランツァFC大阪高槻時代の監督で、元Jリーガーの本並健治といった、スポーツ界の仲良し師弟コンビがスタジオに集結!

先輩から学んだことやお互いの素顔などをスタジオで披露する「師匠と弟子SP」。


番組概要


『ジャンクSPORTS』


<放送>


6月30日(日)19:00~20:00


<出演>


【MC】
浜田雅功

【進行】
永島優美(フジテレビアナウンサー)

【アスリートゲスト】
井上尚弥(ボクシング)、大橋秀行(ボクシング)、高木豊(野球)、谷繁元信(野球)、本並健治(サッカー)、丸山桂里奈(サッカー)(※五十音順)

【ゲスト】
足立梨花、千原ジュニア(千原兄弟)、ナイツ(※五十音順)

カテゴリ