やっぱりこの子!彼にそう思わせる3つのテクニック

やっぱりこの子!彼にそう思わせる3つのテクニック

大好きな彼と恋愛したら「やっぱり結婚相手はこの子!」って思ってほしいですよね。


彼の最後の彼女になりたいって思っているなら、彼にもそう思わせなくてはなりません。


ですが、男性はいったいどんな彼女なら、この子が最後の彼女って思うのでしょう?さっそく具体的にアドバイスします。



ありのままを受け入れてもらえる


男性はこの子こそ最後の彼女、結婚相手だと思える相手には、自分のありのままを受け入れてもらいたいと思うものです。


男性は、最初は好きな女性にかっこつけて背伸びした姿を見せがち。


でも、最後は自分の弱いところもダメなところもすべて受け入れて、ありのままを愛してもらいたいと思っています。


特に、結婚となれば長い人生をともにするのだからなおさらです。


ですが、意外と女性の中には形式主義にとらわれて、彼のかっこ悪いところやダメなところを受け入れられないという人も多いんです。


だから、自分の弱いところやコンプレックスもすべて理解した上で愛してくれる彼女は、実はかなり貴重でもあります。


あなたが彼のすべてを受け入れられるほど愛しているということを上手に伝えられたら、彼はきっとあなたを最後の彼女にするはずですよ。


一緒にいるだけで幸せと感じる


結婚は人生の一大事です。これからの長い人生を共にやっていくとなれば、やっぱり一緒にいるだけで幸せと感じる相手でなければ続けていけないでしょう。


特にデートなど外出することなく、家にいるだけで、二人でまったりとした時間を過ごせるなら素敵ですね。


お互いの共通点が多いのも楽しく過ごせるコツでしょう。


彼の趣味を理解する、あなたの趣味を彼に理解してもらうなどお互いを深く理解して、彼があなたがいる人生を彩り豊かな人生を感じられたら、一緒にいても幸せと感じることが増えるでしょうね。


人として尊敬される


男性も女性もお互いに人として尊敬される相手と結婚したいと思っています。


特に男性は、尊敬されたい思いが強いのでなおさらです。


お互いが尊敬できる相手だったら、結婚してもうまくいくでしょうけれど、表面的な釣書だけで相手の良さを決めてしまってはうまくいきません。


結婚生活はいいことばかりではありません。時には相手が病気になることもあれば、リストラに会うこともあるでしょう。


そうなったときに、人として尊敬していなければ、なかなか支えられるものでもありません。


男性は意外と彼女が自分を尊敬しているのかどうかを試しています。尊敬してくれる相手には尽くしたいと思いますが、そうでない相手は結婚相手には選びません。


この子だと思わせるテクニック


まとめ


結婚生活はいろんなことがあるものなので、本当にお互いが好きでないと続いていきません。


お互いが好きと思っていれば、自然と彼も結婚を意識するものですよ。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ