『FNN Live News』3番組に共通するセットはシックなベージュの世界

『FNN Live News』3番組に共通するセットはシックなベージュの世界

報道番組を支える「美術」の舞台裏


最新ニュースを伝えるフジテレビの3つの報道番組、『FNN Live News days』『FNN Live News it!』『FNN Live News α』。毎日のお昼に放送している『days』は、最新ニュースとその解説をいち早く届ける番組。週末の夕方に放送している『it!』は、ニュースを通じて「そうそう!」という“共感”ができる番組。平日夜に放送している『α』は、働く人がステップアップ、スキルアップできる=“プラスアルファ”につながるニュースを届ける番組と、同じ報道番組でもそれぞれに個性が。今回は、これら3番組に共通している美術セットのこだわりポイントや、美術スタッフの裏話をお届けする。


ベージュの世界で落ち着いてニュースを伝える





こちらが3番組共通のスタジオセット。カメラ位置を変えることで、各番組の個性を表現している。





ニュース番組は報道内容をしっかりと伝えるため、キャスターの存在や映像情報を引き立たせることがセットデザインの最も重要な役割。視聴者が落ち着いて内容を理解できるように、セットの色はベージュトーンで統一。





こちらの3番組のロゴともケンカしない色味にしている。





色鮮やかで電飾の存在感が際立つバラエティ番組とは違って、ニュース番組では間接照明の「光の演出」でアクセントをつけた。





夕方の『it!』は、大型ビジョンを中心にしてやや上手寄りから撮影。メインニュースなので、カウンターテーブルも安定感が。キャスター用モニターが埋め込まれた機能的なデザインだ。





お昼の『days』は、上手のコーナーでコンパクトに。落ち着いた中にもシャープな印象を出すため、電飾も白色光を基本にして紫をプラス。





夜の『α』は下手寄りの背景で、ハイチェアを使用。明かりは抑えめの暖色系でありながらスタイリッシュな印象になるよう演出している。





セットの骨格は、すべて木製で角に丸みのある「スクエアリング」の組み合わせで構築。電飾が仕込めるように一面だけ乳半アクリルのものも。





スクエアリングは全部で200個。縦に積んだり、ワイヤーで吊り下げたり。





宙に浮かんだ状態でらせん状に続く、スクエアリングのオブジェも。





大道具スタッフが透明のアクリル棒を熱してねじる技を編み出し、どんな角度でも対応できる支持材を作成。オブジェが完成した。


親しみやすさ、柔らかさを表現するセットデザイン


番組の美術を手掛けたデザイナーの棈木陽次(フジテレビ美術制作センター・チーフゼネラルデザイナー)に話を聞いた(棈=正しくは木偏に青)。

――3番組で1つのスタジオを使用しているんですね。





「最新ニュースはまず報道センターに入ってくるので、ニュース原稿をキャスターに即座に渡して読めるように、隣接するスタジオで展開しています。その条件下で3つのセットをデザインするにあたってまず考えたことは、『スペースの有効活用』。ニュース番組にとって重要なアイテムである大きなLEDビジョンをレールで動かせるように設置して、3番組で共有しつつもそれぞれが独自の使い方で活用できるようにしています。どの番組でセットのどこが画面に映り込んでも違和感がないトータルデザインにしました」

――デザインの統一コンセプトは?





「プロデューサーの要望は『わかりやすさ、親しみやすさを追求した柔らかいニュース番組に』というものでした。その前は硬派路線でしたから、デザインをガラリと変える必要がありました」

――「柔らかさ」を具体的にどう表現しましたか?





「ベースに設定したのが、柔らかいけれどニュースに求められる鋭さも併せ持つ、『スクエアリング』です。いろいろな大きさ・素材のピースを組み合わせて、さまざまな空間表現をしてみました。特に活躍した素材は布。リングの周囲や中に、ソファやカーテンなど家庭にあるものの生地20種類ぐらいを使っています。セット内の大型LEDビジョンに映す番組ロゴが映えるよう、色味は全体的にあえて薄いベージュやアイボリーなどの控えたトーンの色でまとめました」

――視聴者に注目してほしいところは?





「スタジオに建てた10本の柱には、ドレス生地の裏面を貼っています。これが実に不思議な素材で、他の布にはない独特の奥行きがあって、立体感を出しながら上品な空気感も醸し出しています。表側は普通のドレス生地なのに、裏にした途端に想像しなかった魅力を発揮していて、これを見抜いた装飾スタッフのセンスには感心しました。柱の神秘的な存在感を少しでも感じていただけたらうれしいです」

このように、フジテレビの報道番組の裏には、視聴者がニュースに集中しやすいよう、工夫をこらして日夜奮闘している美術スタッフの姿があった。「フジテレビジュツのヒミツ」では、他にもドラマやバラエティなど、さまざまな番組の裏側を公開中。ぜひ一度、チェックしてみて。

文=小林麻美


番組情報


『FNN Live News days』
『FNN Live News it!』
『FNN Live News α』


<放送>


『days』毎週月~金曜11時30分~11時55分、土・日曜11時50分~12時
『it!』毎週月~金16時50分~19時(16時50分~17時53分は関東ローカル)
土・日曜17時30分~18時
『α』毎週月~木曜23時40分~24時25分、金曜24時10分~24時55分


<出演>


『days』
・キャスター
島田彩夏(月~金)(フジテレビアナウンサー)
奥寺 健(月~水)(フジテレビアナウンサー)
野島 卓(木金)(フジテレビアナウンサー)
山中章子(土日)(フジテレビアナウンサー)

『it!』
・メーンキャスター
加藤綾子(月~金)
風間 晋(月~金)(フジテレビニュース総局報道局解説委員)
木村拓也(月~金)(フジテレビアナウンサー)

竹内友佳(土日)(フジテレビアナウンサー)
野島 卓(土日)(フジテレビアナウンサー)
内田嶺衣奈(土日)(フジテレビアナウンサー)

『α』
・メーンキャスター
三田友梨佳(月~木)(フジテレビアナウンサー)
内田嶺衣奈(金)(フジテレビアナウンサー)

カテゴリ