「愛されてる気がする」男が喜ぶ彼女からの「プチ束縛」

「愛されてる気がする」男が喜ぶ彼女からの「プチ束縛」

上手く行っているカップルや夫婦の話を聞いてみると、男性を自由にさせ過ぎないことがコツだと聞きます。


門限や、お小遣い制など、意外と男性側が束縛されているほうが長続きするケースも多いようです。


しつこい束縛は嫌いでも、「飲み会の帰りは連絡して」などの、小さなお願いはむしろ嬉しいと感じる男性は多いようです。


今回は、男子がOKなプチ束縛、NGな束縛を解説します。



「寝る前に電話して」など連絡を欲しいお願い


彼とは毎日LINEや電話で連絡を取り合いたい!と思っていても、「しつこくして嫌われたら嫌」と不安になって言えない方も多いかもしれませんね。


でも、「声が聞きたいから寝る前に電話してくれると嬉しいな」というような可愛い言い方でお願いされたら嫌な気になる人はいません。


また、電話やLINEのやり取りの習慣があると、「その時間までに帰らなきゃ」と考えるようになるので、浮気防止にもなりますよ。


「女の人もいる?」と心配そうに聞く


飲み会や接待が多い彼氏の場合、女性と出会う機会も多いのでは?と心配になりますよね。


だからといって仕事なので「行かないで!」というわけにもいきません。モテる彼が心配、という場合は「女の人もいるの?」と、心配そうな顔で聞くのが正解です。


気にしながらもガッツリ束縛できない彼女のことを「可愛いなあ」と感じて、改めて彼もキュンとするはずです。


「女の人がいるなら行かないで!」と言ってしまうのが本気の束縛、「女の人がいると心配だな」というのがプチ束縛の違いです。


行動を制限するのではなく、不安な気持ちを伝えることで、彼に「心配かけないようにしてあげよう」という気持ちを起こさせることができますよ。


2人の写真を家に置く


「浮気しないで!」と言葉で言うよりも効果があるのが「写真」を使った束縛です。


スマホの待受画面やLINEのアイコンをツーショット写真にさせるのはちょっとやり過ぎな場合もありますが、ツーショット写真を家に置いておくのも効果的です。


写真をプリントしない今の時代だからこそ、あえてツーショット写真を印刷して額に入れてプレゼントしてしまいましょう。


もしそこで、わざわざ2人の写真を飾りたがる彼女の気持ちを喜べない彼だったら、浮気を疑ったほうがいいくらいです。


玄関やリビングなど、来客があったらすぐに目につく場所に置いておけば「浮気よけ」になります。


もし、写真の位置が変えられたり隠されていたら下心アリかもしれないので、その目安にもなりますよ。


喜ばれる束縛


大事なのは言い方


「プチ束縛」で仲を深めたい場合には本気で怒るのではなく可愛く「拗ねる」など、伝えるときの言い方も大事です。


「〜しないで!」と制限するのではなく「浮気されたら悲しい」「連絡くれたら嬉しい」などの可愛い言い方を意識してみましょう。


(ライター/上岡史奈)


(愛カツ編集部)



カテゴリ