深田恭子、ピタピタ泥棒スーツ姿の自分に「恥ずかしい!どうしよう…」

深田恭子、ピタピタ泥棒スーツ姿の自分に「恥ずかしい!どうしよう…」

7月11日(木)22時スタート『ルパンの娘』





深田恭子が主演を務める木曜劇場『ルパンの娘』記者会見が、7月7日に開催。深田をはじめ、共演の瀬戸康史、小沢真珠、栗原類、大貫勇輔、渡部篤郎が登壇した。

本作は、泥棒一家“L(える)の一族”の娘・三雲華(深田)と、華と恋人でLの一族を逮捕することを狙う刑事・桜庭和馬(瀬戸)の恋を描く奇想天外なラブコメディ。

横関大の同名小説が原作。深田は原作を読んだ感想を聞かれ、「物語に入り込む時間があまりにも早くて。夢中になってあっという間に読んでしました」と打ち明け、「すごくテンポが良くて、登場人物も整理しやすくて。夢見るような想像の世界でした。脚本や撮影では、原作の面白い要素をさらにいただいてパワーアップしていると思います」とニッコリ。

また “35年続く木曜劇場史上、最も異色なドラマ”と言われているが、「視聴者の方がどのように受け入れてくださるのか、ドキドキしています。私たちが撮影していても楽しいので、それが見ている人にもいい形で伝わるようになればうれしいです」と期待を込めた。 


瀬戸「深田さんは誰に対しても平等な人」





恋人を演じる瀬戸とは、2012年の『TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~』(フジテレビ)以来、およそ7年ぶりの共演。深田が今回の共演で瀬戸のことを今回“笑い上戸”だと気づいたというと、瀬戸は「僕もそう思っています。深田さんも笑いをこらえきれてない(笑)」と笑いあった。

また、深田のことを当時から変わっていないと言い、「どんな人に対しても平等。年下なんだけど、“瀬戸さん”と呼ばれていて。それが遠く感じるというより身近に感じるんです」と深田の人柄を明かしていた。





今回、深田をはじめLの一族が着る“泥棒スーツ”が印象的だが、深田は「最初、衣装合わせで一人で着たときは、もう、恥ずかしくて…。『どうしよう、どうしよう』でいっぱいでした」と戸惑っていたことを明かした。しかし、「皆さんで一斉に着て予告用の撮影をしたときは、ちょっとうれしい気持ちがあって。逆に瀬戸さんがスーツでモニターをすごく見ていたので、『こっちの方が楽しいでしょ?』みたいな優越感がありました」と満面の笑みで回顧。

瀬戸も実際に着たかったそうで、「僕も作ってもらいたい。(途中)どこかの回でないですかね?」と現場にリクエストをし、「本当にかっこいいんです!」と深田のスーツ姿に賛辞の言葉を贈っていた。





番組概要


『ルパンの娘』


<放送>


7月11日(木)スタート 毎週(木) 22時~22時54分
初回15分拡大 22時~23時9分


<出演者>


深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠、栗原 類、どんぐり、藤岡 弘、(特別出演)、加藤 諒、大貫勇輔、信太昌之、マルシア、さとうほなみ、麿 赤兒、渡部篤郎 他

カテゴリ