【試写室】ドラマ支える“3人の母”がカッコいい!『監察医 朝顔』第1話

【試写室】ドラマ支える“3人の母”がカッコいい!『監察医 朝顔』第1話

7月8日(月)21時スタート『監察医 朝顔』




法医学者の朝顔(上野樹里)は毎日自転車通勤


朝顔(上野樹里)と父・平(時任三郎)のちゃぶ台シーンに感じたこと


明日、目が覚めたらまず子供を抱きしめよう−。そんな気持ちにさせてくれるドラマだ。

8日からスタートする「監察医 朝顔」をマスカットのアラフォー女編集Iが一足先に鑑賞し、率直な感想を勝手に綴らせていただく。

新米法医学者の万木朝顔(上野樹里)は、刑事である父・平(時任三郎)と寄り添うように暮らしている。母・里子(石田ひかり)は2011年の東日本大震災で行方不明となっているからだ。




震災で行方不明となった母・里子(石田ひかり)


まず、この父娘が住む家が面白い。2LDKくらいのマンションかしらって思うだろうが、何とも趣のある古民家風の木造一軒家なのだ。しかも結構年季が入っていて、手入れは行き届いているけど内装もおしゃれとは言えない。ふたりはちゃぶ台を囲んで食事をしているではないか。渋い、渋すぎる…。しかも、朝顔が冷蔵庫から出したのはペットボトルではなく、ちゃんと煮出した麦茶だ。エコだし、水滴のついた昭和感満載のガラスポットに入った麦茶は、実に美味しそう。

きっと母・里子は朝顔が赤ちゃんのときからそうしていたんだな、朝顔はそれを当たり前の日常として守っているんだな、ええ子やなー。




年季の入った木造住宅に暮らすふたり 食事はこのちゃぶ台で


平は娘との会話でタイミングを逸してしまい、自身の異動を伝えられないまま出勤するのだが、そこは朝顔が務める大学のそばの野毛山警察署だった。うん、そういう展開よね、父と娘が事件や事故に一緒に向き合っていくんだよね、と納得。

毎朝、朝顔は大学まで自転車で通勤し、途中で必ず近所のおばあちゃんに挨拶、果物とかもらっちゃってまた風を切って走り出す。結構近所なのかな?なんて思いつつ、やっぱり朝顔ってええ子やなー。




必ず近所のおばあちゃんに挨拶する朝顔


どぎまぎし過ぎ!朝顔の恋人・真也(風間俊介)の動きに注目


この日、倉庫で死んでいるところを発見された女性の捜査に乗り出したのは父・平と、朝顔の恋人の新米刑事・桑原真也(風間俊介)だった。恋人の父と知った真也がどぎまぎし過ぎでちょっと笑える。緊張しすぎやろ~。つい「お父さん!」とか言っちゃうところも、いやいやいや、早すぎるやろ~。




朝顔の父・平(時任三郎)


野毛山署は死亡した女性の死の真相を明らかにすべく、朝顔が務める法医学教室に解剖を依頼する。待ってました!ここで登場するのが、アラフォーの星・山口智子演じる主任教授、夏目茶子だ。白衣の下に来ているファッションがなかなかおしゃれで気になる。

茶子先生は、ちょうど海外旅行から戻ってきたばかりということで、横で見ていてあげるから解剖をするように朝顔に指示をする。




右)主任教授・夏目茶子(山口智子)


朝顔は解剖を行う前、ご遺体に向かって「教えてください、お願いします」とつぶやくのだが、ええ子やなー!(3回目)仕事とはいえ、体に傷をつけるわけで朝顔なりの誠実な向き合いなのだろう。

自分の子供もこんな風に育てるにはどうしたらいいのか、なんて思ってしまう。





ドラマ支える“3人の母”かっこいい山口智子とほんわかした平岩紙 そして…


1話を全て見終わったあと、このドラマには単なる父娘の絆を超えた、いたるところからにじみ出る“母の愛”を感じられたことで、少し救われた気がした。

まずは、主任教授の茶子先生。山口智子ならではの“ノリ”と“勢い”そして姉御的な優しさがはじけまくっている。部下が何をしたいのか、何に悩んでいるのか全てお見通しで、朝顔が「もう一度解剖させてください!」とお願いすると「もう準備はできている」と答えるのだが、この表情、仕草、すべてに母性を感じることができる。あ~こういう上司最近少ないよね、なんて思ってしまう。

そしてふたりめは、同じ教室の法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)だ。絵美は、同じ教室に夫でベテラン法医学者の雅史(板尾創路)がいて、このふたりのたわいもない会話、1話では夏休みの旅行をどうするか?なんて話しているのだが、まだ30代ながら平岩のほんわかした、近所にいそうなお母さん的な雰囲気にかなり癒やされる。朝顔も彼女に対して、同僚、先輩以上の感覚を抱くに違いないし、この夫婦をフィーチャーしたエピソードが登場することに期待したい。




右)法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)


最後は…朝顔自身にも母親的な雰囲気を感じずにはいられない。上野樹里本人が話していたように、このドラマは結婚後初めて主演する作品である。上野自身まだお母さんではないが、遺族の子供を見守る目、恋人の真也をフォローする目、そして父の平に寄り添う目…上野が醸し出す朝顔の雰囲気が、さみしいけれど決してか弱くはない、まさに母親っぽいのだ。

3人で囲んでいたはずのちゃぶ台を、父娘が向かい合って食事をしながらたわいもない会話をする。そこに母の存在はないのだが、私はこのドラマを勝手にもう一人の母親として、時に突っ込みながら、時に朝顔を「ええ子やなー」と目を細めながら、追いかけていきたいと思う。

あ、そうそう。時任演じる平が飲むビールは、なぜかとっても美味しそうに見えるのをお忘れなく。






番組概要


『監察医 朝顔』


<放送日時>


7月8日(月)スタート 毎週月曜21時放送


<出演者>


上野樹里、時任三郎、風間俊介、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎、坂ノ上 茜、喜多乃 愛、宮本茉由・戸次重幸、平岩 紙・石田ひかり・三宅弘城、板尾創路、山口智子、柄本 明 ほか


<原作>


原作:香川まさひと、漫画:木村直巳、監修:佐藤喜宣「監察医 朝顔」(実業之日本社)

カテゴリ