遺体に残された真実を――監察医の娘と刑事の父が見せた絆

遺体に残された真実を――監察医の娘と刑事の父が見せた絆

7月8日(月)21時~『監察医 朝顔』第1話





監察医 朝顔 第1話完全版


万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学の法医学教室に勤める新米法医学者。新米とはいえ、周囲から一目置かれるほど優れた技量と豊富な知識を併せ持つ朝顔は、実直な人柄で、自分よりもつい相手のことが気になってしまうような愛情深く心優しい女性だ。そんな朝顔は、捜査畑ひと筋の刑事でもある父・平(時任三郎)とふたりで、寄り添うように暮らしている。

他愛もない会話と穏やかな笑顔。2011年3月11日から変わらない娘と父の日常。そこに母の里子(石田ひかり)の姿はない。あの日、里子は、父親の嶋田浩之(柄本明)に会うために、生まれ育った東北の海沿いの町に帰省していた。

朝顔が興雲大学の法医学教室に出勤すると、検査技師の高橋涼介(中尾明慶)、法歯学者の藤堂絵美(平岩紙)、絵美の夫でベテラン法医学者の藤堂雅史(板尾創路)がすでに来ていた。野毛山署の強行犯係に異動してくる刑事がハリウッド・スターに似ているらしい、という噂話で盛り上がる高橋と絵美。絵美は、朝顔の恋人で、野毛山署の強行犯係の新米刑事・桑原真也(風間俊介)に連絡して確かめてほしい、とまで言い出す。

同じころ、野毛山署強行犯係でも、係長の山倉伸彦(戸次重幸)、刑事の森本琢磨(森本慎太郎)、新米刑事の愛川江梨花(坂ノ上茜)らがどんな刑事が来るのかと興味津々で待っていた。すると、そこにやってきたのは平だった。





そんな折、野毛山署管内の倉庫で女性が死んでいるとの無線が入る。すかさず現場に向かう平。山倉は、桑原にも同行を命じた。検視官の伊東純(三宅弘城)は、到着した平たちに、頭部に外傷があるものの詳しいことは解剖をしてみないとわからないと伝え、興雲大学の法医学教室へ連絡する。

連絡を受けた朝顔と絵美は、藤堂が別の解剖に入ったこともあって一度は断ろうとした。そこに、ちょうど主任教授の夏目茶子(山口智子)が旅行から戻ってくる。茶子は、依頼を快諾し、朝顔に解剖をするよう指示した。





平と桑原が、遺体とともに法医学教室へとやってきた。そこで初めて、平が野毛山署に異動したことを知って驚く朝顔。そしてそれ以上に驚いていたのは、平が恋人の父親だと知った桑原だった。

「教えてください。お願いします」。朝顔は、遺体の胸に手を当てて小さくつぶやくと、茶子の指導の下、遺体の解剖を行った。そこで分かったのは、女性が溺死した可能性がある、ということだった。倉庫で溺死という不可解な話に困惑する一同。平は、桑原とともに現場に戻り、周囲の捜査を進める。

あくる日、朝顔たちは、遺体の肺から検出したプランクトン検査の結果を知る。その結果、海水であることはわかったが、塩分濃度は低かった。それを受け、平は、現場から一番近い、海と川が混じる汽水域に目を向ける。やってきた朝顔も、そこで水を採取していた。

ほどなく、遺体の身元が判明した。遺体の女性は桜井恵子(山田キヌヲ)で、夫の明彦(辻本耕志)とともに部品工場を経営していた。亡くなった当日、恵子は10歳の娘・早紀(粟野咲莉)とイベント会場を訪れていたという。朝顔は、早紀が母の遺体に会うことを頑なに拒否していることが気になっていた。

明彦によれば、恵子は心筋梗塞で倒れたことがあるという。それを知り、病死の可能性も考え始める朝顔。すると茶子は、心臓が止まることを死とするならばすべての死は心停止になるのだから、病死にこだわる必要はない、と朝顔に告げる。





その夜、朝顔は、幼なじみの浅井三郎(きづき)が経営するもんじゃの店『さぶちゃん』で桑原と食事をする。桑原は、平にダメな刑事だと思われないよう必死になって捜査したせいで、疲労困ぱい状態だった。そこで桑原は、自分のことをどう思っているか平に聞いてほしいと朝顔に頼んだ。

帰宅した朝顔は、それとなく桑原のことを平に尋ねた。すると平は「普通」とだけ答え……。

翌日、朝顔が興雲大学に出勤すると、そこに早紀がやってくる。出勤途中にもらったリンゴをむいて、早紀に食べさせる朝顔。そこで早紀は、「お母さんに酷いこと言った」と泣きながら当日の話を始めた。早紀は、恵子とイベント会場を訪れたものの、一緒に中に入ることを拒否しただけでなく、恵子が手渡そうとした弁当を振り払って中身をぶちまけていた。友だちから、早紀の弁当箱はおじさんみたいだとからかわれたことがあったからだ。仕方なく、恵子は5時に迎えにくると早紀と約束して別れたが、その後、何らかの理由で命を落としたのだ。

朝顔は、恵子の掌に残っていた擦過痕から、ポリプロピレンが検出されたことを知る。同じころ、平は防犯カメラに映っている恵子の姿を見つけていた。その画像を解析した結果、恵子が手に持っていたのは富士越百貨店の紙袋であることが判明する。

朝顔は、茶子に、もう一度恵子の遺体を調べさせてほしいと頼んだ。溺死した場所や掌の傷についてはわかったが、何故倉庫で倒れていたのかわからないからだった。すると茶子は、朝顔がそう言ってくると思い、すでに手配をしていると返し……。

平は、桑原とともに汽水域近辺で遺留品を探し始める。一方、二度目の解剖を終えた朝顔は、肺の組織片を丹念に調べていた。





やがて桑原は、水没しかかった紙袋を発見する。それは富士越百貨店のものだった。その紙袋から発見された遺留指紋から、犯人が逮捕された。ひったくりの常習犯だった。

あくる日、朝顔は、平、桑原とともに、興雲大学にやってきた明彦と早紀に事件のことを話す。恵子は、早紀と別れた後、そのまま富士越百貨店を訪れて買い物をしていた。が、その帰り道、近道をしようとひと気のない護岸沿いの道を通ったときに背後から来た男にカバンと紙袋をひったくられそうになったのだ。もみ合いになり、護岸から落ちて頭を打つ恵子。彼女は、顔が水に浸かった状態でそのまま意識を失っていた。

犯人は、恵子をそのまま放置し、紙袋を投げ捨て、バッグを持ち去っていた。その後、意識を取り戻した恵子は、家に戻ろうと歩き出していた。恵子は、飲み込んだ水が遅れて肺に入り、肺炎を生じさせる遅発性溺水を発症していた。発見場所である倉庫は、明彦と恵子が営む工場によく似ていた。

つまり恵子は、朦朧とする意識の中で家に戻ろうとしてあの倉庫にたどり着き、そこで力尽きたのだ。すると、話を聞いていた早紀がふいに部屋を飛び出した。後を追った朝顔は、早紀に紙袋を手渡した。その中身は、恵子が早紀のためにデパートで買い求めた弁当箱だった。遺体と面会した早紀は、泣きながら母に抱きつき……。





その夜、朝顔は、浩之に電話し、明日会いに行くと告げる。あくる日、平とともに高速バスとローカル線を乗り継ぎ、8年ぶりに小さな無人駅に降り立つ朝顔。だが、平の背中を追って改札を出ようとしたとき、防災スピーカーからアナウンスが流れた。すると、足が止まり、動けなくなってしまう朝顔。「私、ダメだ……無理」。平は、そんな朝顔を気遣い、電車に乗せて帰した。別れ際、平は、「ダメなのはお父さんの方だ。お母さん探してないと、どうしてもダメなんだ」と朝顔に謝った。





2011年3月11日。朝顔は、里子の生まれ故郷を訪れていた。平が仕事の都合でドタキャンしたため、母とふたりでの帰省だった。その途中、地震が起きた。里子は、朝顔に浩之の元へ向かうよう指示すると、海沿いに住む知り合いのようすを見に行った。「朝顔、あと頼むね」。それが最後の言葉だった。

大勢の人でごった返す避難先の体育館。行方不明の家族を探す無数の貼り紙。遺体にすがりつく人々。そこには要請を受けてやってきた茶子の姿もあった。朝顔は、駆けつけた平に、母が見つかっていないことを知らせ――。





朝顔と別れた後、平は、地図に印をつけながらひとりで土を掘り返していた。浩之は、軽トラックに乗ったまま、そんな平の姿を見つめていた。

朝顔は電車に揺られながら帰路についた。その目からは涙が溢れ……。


番組情報


『監察医 朝顔』


<放送日時>


毎週月曜 21時00分~21時54分


<出演者>


上野樹里 
時任三郎 
風間俊介 

志田未来 
中尾明慶 
森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)
藤原季節  
斉藤陽一郎
坂ノ上茜 
喜多乃愛
きづき
宮本茉由
 ・
平岩紙 
戸次重幸
 ・
石田ひかり
 ・
三宅弘城 
板尾創路 
山口智子 
柄本明  

カテゴリ