好感度高いのはどっち?職場の飲み会での女子の行動

好感度高いのはどっち?職場の飲み会での女子の行動

「暑気払い」など、仕事関係の飲み会も増えるこの時期。


仕事つながりの気になる彼がいるなら、ぜひ生かしたいチャンスですよね。


プライベートな顔も見える飲み会は、ふとしたことで「あの子、話したことはないけど気になるな」なんて思われるきっかけにもなります。


「あ、いい子かも」と思われる行動、知っておきましょう!



「サラダのとりわけ」「お店の人にニコニコ」どっちがいい感じ?


「普段冷たいイメージの女子が、お店の人が注文したものを運んでくるたび『ありがとう!』と笑顔で言うのを見て

『いいな』と思ったことがあります。


届いたものをパパッと受け取って奥のテーブルの人に回していたのも好印象。


サラダのとりわけは、偉い人にはしたほうがいいかなと思うけど、同僚たちとの飲みなら、自分でやればいいよね」(26歳・男性)


飲みの席でよく見るのが、店員さんに対して塩対応の女子。


食べ物やドリンクを運んできた店員さんをいないものとして扱ったり、注文の際に「無言で指さし」、または「これ」としか言わない人も。


気になる彼や上司へのサラダのとりわけはがんばるけど、店員さんは透明人間扱い……。


こんな態度は、密かに見られているうえ、非モテ要素満載。


人は、誰かが他人にむける優しさを見ると「本当に優しい人なんだ」と思うもの。


「本命以外の人にも優しく接する」のは、デート以外でも鉄板テクニックです。


「よく飲む」「ほどほどに飲む」仲良くなりたいのは?


「よく飲むノリのいいコがいいなと思うのはプライベートの飲み会だけ。


酔ってる子にかまったり、送ってあげたりして噂になるのも困るからね。


仕事関係の飲み会なら、ほどほどに飲んでシャキッとしてる子のほうが好印象です。


もっと一緒に飲みたかったら、二次会などに誘います」(29歳・男性)


いい年をして酒量をわきまえていない女はウザい!という男性の声を良く聞きます。


自分の面倒は自分で見られる女子のほうが、仕事関係の飲み会では好印象です。


ノリノリで泥酔してしまう女子より、お酒の席では飲む量控えめ、昼間よりちょっと笑顔が増えるくらいが「もっと知りたい」と思わせる塩梅です。


「女子同士でワイワイ」「いろんな人と話す」つい話しかけたくなるのは?


職場の飲み会での女子の行動

「他部署の人や、上司などとも楽しく会話をしている子は『大人だな』と好感が持てます。職場の飲み会なんて半分仕事のようなもの。


いつもの仲良しメンバーと固まってキャッキャしているだけの子は『自分さえ楽しければ、周りはどうでもいいんだろうな』と幼稚に感じます」(32歳・男性)


仕事の後の飲み会ですから、仲のいいメンバーや気になる相手とガッツリ話したいのはみんな同じです。


でも、そればかりでは「プライベートの飲みじゃないぞ」とあきれられてしまうかも。


普段交流のない相手は全く無視!という態度からは、他人に興味がありませんオーラがバシバシ出ています。


そのぶん、みんなに分け隔てなくにこやかに接し、場を明るくさせる女子は「なんとかスキをみて話したい!」と好感を抱く男性が多いようです。


いつもと違うモテ要素があります


仕事関係の飲み会では、デートなどプライベートのお酒の席とは違うモテ要素があるようです。


周囲の人にも気を使えるか?だらしなく酔わないか?


女子としての可愛さより、きちんと感がオフィシャルな場でのモテ要素と言えるでしょう。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ