うっとうしいかも…男性が送られてきて「困惑するLINE」

うっとうしいかも…男性が送られてきて「困惑するLINE」

気になっている男性とは、LINEで会話をして距離を縮めたいと思うのはごく自然なことです。


ただ、送られても困るだけの内容のメッセージを送ってしまうと、鬱陶しい女性としか思ってもらえなくなるかも。


そこで今回は、男性が送られてきて「困惑するLINE」を紹介します。



「知らない人」の愚痴


「会社の○○って子がひどくてさ」とか「友達が最悪なことをしてきてね」など、全く知らない人の愚痴を聞かされても、興味が湧かないというのが正直なところ。


そもそも愚痴LINEは、対応が面倒な上に、知らない人の話であったら、尚更うんざりするはずです。


愚痴をこぼすときがあってもいいですが、お互いに共通している人やもののことではないと、なかなか共感もできないでしょう。


自分の鬱憤を晴らすことばかりを考えてしまうと、相手には苦痛の時間を味わわせることになりますよ。


コロコロと「話が変わる」


女性同士の会話では、次から次へと話題が変わっていくなんてことはよくあるので、特にそれを不快に感じたりすることもないかも。


でも、男性はコロコロと話を変えられると、自分の中で整理もつかず、消化不良のような変な気分になってしまうもの。


好きな男性とは色んな話をしたくなるものですが、あなたはたくさん話して満足したとしても、聞かされる男性側の気持ちを考えていなかったら溝が生まれるだけです。


一度に「いくつも聞いてくる」


鬱陶しいLINE

「それってどういうこと?」「あの件ってどうなった?」「今どこにいるの?」「ひとり?」と、一度に色んなことを聞かれると、それだけでげんなりしてしまうもの。


返事をするのが面倒に感じられるLINEは、スルーしたくなる代表例。


また、質問攻撃は思っている以上に圧迫感を与えるので、「この子と関わると大変そう」という印象につながります。


次第に距離を置かれるなど、敬遠されるようになってしまうので、恋愛対象外にされてしまいます。


「最近どう?」という質問


いきなり「最近どう?」と送られてくるLINEは、最も対応に困るLINEだと言えるかもしれません。


質問の意図がわからず、面倒臭いだけでなく、気持ち悪さも感じるでしょう。


特に用件はないけれど男性と話がしたいときなどに、こういったLINEを送りがちですが、結局は男性を困惑させることになるだけ。


仕事のこと、共通の趣味、教えてほしいことなど、なんでもいいので、用件を作ってからにしましょう。


先走ってただLINEを送るのは相手には迷惑以外のなにものでもないですよ。


おわりに


男性と女性ではLINEに対する考え方も大きく異なるので、まずはそれを意識しておくことが大切です。


女友達に送るのと同じように送ってしまうと、面倒に思われてしまう危険性も高いですよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ