彼氏と喧嘩別れ…喧嘩するほど仲が深まる仲直りの仕方4つ

彼氏と喧嘩別れ…喧嘩するほど仲が深まる仲直りの仕方4つ

喧嘩するほど仲がいいという言葉がありますが、喧嘩するような価値観の違いやすれ違いといったものがない方がいいでしょう。


しかし、そんな人と出会えるのは難しい、付き合っていれば喧嘩をすることもあります。


だからこそ、仲直りの仕方が大切。そこで今回は、喧嘩するほど仲が深まる仲直りの仕方をご紹介します。



謝るときはスキンシップも


「ちょっとしたことで苛ついちゃうことってあると思うんですよ。『にんじん嫌い』って言ったのに彼女が忘れて料理に入れたとか。そんなときに『ごめん~』って言いながら腕をツンツンされると『可愛いな』と思って『無駄なことで苛ついていたな』って感じます」(Tさん・27歳男性)


一緒にいるとつい相手の「忘れっぽいところ」だったり、「いつも5分だけ遅刻してくる」といった小さなことで苛ついてしまうもの。


相手の機嫌が悪いなと思ったら、「何怒ってるの~」とか「怒っちゃやだ~」と言いながらハグしてみたり、手を繋いでみるといいかも。


しかし、根本的な改善にはならないため、毎回やるのはNG。


些細な喧嘩は5分後


「些細な喧嘩をした時はすぐに謝るっていうのは基本ですね。『ごめん』って台詞を言ってもらえればそれで十分って喧嘩ってあるじゃないですか。例えば、『冷蔵庫に入ってたプリン食べたでしょ』みたいな喧嘩」(Kさん・24歳男性)


こういった場合、「だってお腹減ってたんだもん!」とか「プリン一個くらいで怒らないでよ」といった台詞はNG。


実はそれ程怒ってはいなかったのに、無責任な台詞を言ってしまったがために本気で相手を怒らせてしまうということもあります。


10分以内で終わるような喧嘩の時は5分後には謝ってしまいましょう。


しかし、すぐに謝るのも考え物。「話を聞いていない」といった印象を与えたり、「適当にあしらっている」と思われてしまうことも。


長く続く喧嘩はすぐに謝るべし


「金銭感覚の違いとか、考え方の違いとかからくるような大きな喧嘩っていうのは長引かせたらダメ。それこそ大きな溝になって終わりです」(Kさん・29歳女性)


お互いの生き方など、根底に大きな問題があるようなことから発生した喧嘩は長引かせるとお互いに意地を張ってしまって謝れなくなり、深刻な仲違いに発展してしまうことがあります。


こういったことを避けるためにできるだけ早く謝ってしまった方が得。また、こういったことは喧嘩ではなく話し合いによって解決するようにした方が賢明でしょう。


冷却期間を取るのはNG


「喧嘩したらどちらかが『ごめん』って謝って仲直りっていうのが定番だと思うんですけど、そのあとに冷却期間をとるのはダメ。なんか会いにくくなっちゃうんですよね」(Nさん・26歳男性)


深刻な喧嘩をした後など、仲直りをしたけれど、なんとなく気まずさが残ってしまって次に会うまで時間を作ってしまうということもあるでしょう。


しかし、こういった場合は冷却期間を取れば取るほど、喧嘩したときの嫌な記憶を繰り返し思い出してしまうためかえって溝が深まってしまうということがあります。


仲直りしたのならば、すぐにでもデートをするなどしていい関係に戻してからバイバイしましょう。


喧嘩は無駄に大きくしない、長引かせないことが大切


喧嘩をしてしまうことはどのカップルにもあることでしょう。しかし、その喧嘩を無駄に大きくしない、長引かせないといったことが大事。


そのためにも自分に喧嘩の原因があるなら意地を張らずに謝った方がいいでしょうし、相手が謝ってきたらしっかりと受け入れることが大切です。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ