TVアニメ『 グランベルム -プリンセプスのふたり- 』第1話「世界で唯一の魔術師」【感想コラム】

TVアニメ『 グランベルム -プリンセプスのふたり- 』第1話「世界で唯一の魔術師」【感想コラム】

徐々に夏アニメも始まりましたが、皆さまの推しアニメは見つかったでしょうか。


いよいよ7月5日から放送開始となった、渡邊政治さん×花田十輝さん×大塚真一郎さんが送るオリジナルアニメ作品「グランベルム」。


可愛らしいキャラクターたちと、熱そうな展開に、藍井エイルの熱い主題歌に乗せた予告映像、そしてなにより、超魔神英雄伝ワタル?覇王体系リューナイト?SDガンダム?まるで90年代サンライズアニメを彷彿とさせる二頭身ロボの存在(正確には魔法人形アルマノクスですが)が目を見張ります!


やーこんなん期待するでしょう!と先行上映会を見ずテレビ放送を楽しみにしてきた筆者が感想を書いていきたいと思います。


このページの目次

1 TVアニメ『 グランベルム 』第1話「世界で唯一の魔術師」2 二つのお月様3 ホワイトリリー4 第一話はきっちりと世界観を見せつつ解説する回
■TVアニメ『 グランベルム 』第1話「世界で唯一の魔術師」

真っ赤な満月の夜。ごく普通の高校生活を送っていた小日向満月は、忘れ物を取りに戻った学校で世界で唯一の魔術師になるために行われる戦い“グランベルム”に巻き込まれてしまう。そこで出会った少女・新月からこの世界がかつて魔法で溢れていたことを説明され、戸惑い逃げる満月だが…


■二つのお月様

画像引用元:(C) ProjectGRANBELM


巨大な赤い月が出ていたある日、ふと学校の教室に忘れた弁当をとりにいったとき…主人公の小日向満月…は不思議な空間に迷い込む。


そこは、同じ赤い月が浮かび、中世を思わせるような城や街並みが広がる場所…そして…そこはでは謎の巨大ロボット同士が激しい争いを続けていた。


突如始まる巨大ロボット同士の戦い。


戦っていたのは新月エルネスタ深海とアンナ・フーゴの2人であった。しかも満月は「新たな魔術師」なんだと疑われ、なにがなにやらわからないうちに命を狙われてしまう。


新月とアンナの戦いは激しさを増し、空中戦へと移行。必殺技のような激しい攻撃をぶち込むも、一瞬の隙をつき新月はアンナの<アルマノクス>・アークナイトグリスに一太刀入れる。


逃げまどう満月に、電話がかかってくる。それは新月から通信だった。とにかく誰でもいい…助けてほしいと懇願する満月。


しかし、そこに再びマリアが襲い掛かってくるも、新月はその圧倒的なパワーで撃退。魔術師として勘違いされて追われている満月を助けます。


なんとか満月を守った新月だったが、新月の<アルマノクス>・ヴィオラカッツェもかなりダメージを受けており、左腕が破損するほどのダメージだった。


とにかく一体なにが起きているのかまだまだわからない満月だが…とりあえず手に持ってるお弁当を一緒に食べることに…。なぜそうなった。


「気づいていると思いますが、私たちが住んでいる世界ではありません」


「異世界転生ってやつ!?」


「違います」


違うらしい…。でも、新月たちも満月たちと同じ人間ということが判明しました。


ここは一種の幻想空間…マギアコナトスによってつくられた空間。


「あなた…外国から来たんだね!名前は?」


「新月…新月エルネスタ深海」


「私は満月だよ…小日向満月…二つのお月様だね」


■ホワイトリリー

TVアニメ『 グランベルム -プリンセプスのふたり- 』第1話「世界で唯一の魔術師」【感想コラム】画像引用元:(C) ProjectGRANBELM


<グランベルム>…それは満月の夜に行われる、世界で唯一の魔術師・プリンセプスの魔術師になるために、最後の一人になるための戦い。


かつて、人は世界には魔力が溢れており人々はそれによって豊かな生活を送っていたのだという。しかし、いつの時代も人は争う生き物。


そこで世界で最も権威のある7人の魔術師たちの命と引き換えに世界から魔力を封印した。その封印こそが<マギアコナトス>。


空を眺めると…赤かった月は普通の満月に変わっていた。


マリアを撃退したはずの新月たちに林寧々が襲い掛かる。手負いの新月はその攻撃を受け取るにはあまりにも力が足りなすぎる…。


そんな絶対的なピンチの瞬間。満月の体は強く光だし、マギアコナトスと呼応するように反応しはじめる。


その力が具現化するようにホワイトリリーが現れるのだった。


「その人形は<アルマノクス>あなたの心が形になったもの。それはあなた自身です」


心の力と聞き、満月は強くイメージをし始める。相手を倒すだけのイメージを。


「イメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージするイメージする」


そしてそのイメージはホワイトリリーの手から激しい光のビームとなってすべてを破壊尽くす。


■第一話はきっちりと世界観を見せつつ解説する回

TVアニメ『 グランベルム -プリンセプスのふたり- 』第1話「世界で唯一の魔術師」【感想コラム】画像引用元:(C) ProjectGRANBELM


いやあーーー!!いい!!!


一話目からきっちりと魅せてくれるロボット同士のド派手な戦闘シーン。

かわいらしいキャラクターデザインからの 、顔芸作画。

ダークなファンタジー世界の雰囲気。


第一話はきっちりと世界観を見せつつ用語色々と説明する回といった感じですね。


世界から魔力が消えた世界でどうして魔術師だけが魔力をつかえるのか、満月が魔術師に選ばれたわけなどまだまだこれから判明していくことも多そうですね。


個人的な感想で言えば、従来の魔法少女サバイバルバトルを巨大ロボットバトルに変えたアニメというところでしょうか。


最後の一人になるまで続くサバイバル…ということがミソで、満月と新月も戦わなきゃいけない展開になるわけですから…………。いやぁ…終盤はどうなることやら…。


グランベルム アニメ情報





(あにぶ編集部/Uemt)
カテゴリ