ブルゾンちえみ『蜜蜂と遠雷』で映画初出演 松坂桃李の幼なじみ役

ブルゾンちえみ『蜜蜂と遠雷』で映画初出演 松坂桃李の幼なじみ役

 お笑い芸人のブルゾンちえみが、2017年に史上初となる『直木賞』と『本屋大賞』のW受賞を果たした恩田陸氏の小説で、松岡茉優が主演を務め松坂桃李が共演する映画『蜜蜂と遠雷』(10月4日公開)で映画初出演することが15日、発表された。松坂演じる高島明石の幼なじみで、彼のコンクール挑戦を追うジャーナリスト・仁科雅美を担う。原作も読んでいたブルゾンは「ダブルで感慨深かった」と喜んでいる。



【動画】映画『蜜蜂と遠雷』の本予告映像が解禁



 物語は「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあり、注目を浴びている芳ケ江国際ピアノコンクールが舞台。天才たちが集結する予選会に挑む4人のピアニスト。かつて天才少女とうたわれるも母を亡くしたことがきっかけで音楽の世界から離れたが、再起をかけて舞台に戻ってきた栄伝亜夜(松岡)。妻子を持ち、社会人として働くも夢を諦めきれず、最後のチャンスとしてコンクールに挑む明石。人気・実力を兼ね揃え、優勝候補筆頭のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)。亡き天才ピアニストが遺した謎の少年・風間塵(鈴鹿央士)たちが熱い戦いを経て、互いに刺激し合い、葛藤や成長の果てに覚醒していく4人の姿が描かれる。



 ブルゾン演じる雅美は、ドキュメンタリー番組を撮るためにピアニストたちに鋭いインタビューをする反面、友人として明石を見守り、励ます役どころ。役作りについて「同級生男子にどうやって接してたかなと中学や高校時代を思い出しながら、松坂さんを同級生だと思い込む作業をしました」と笑顔。石黒裕亮プロデューサーは「雅美は、ピアノコンクールという場で、唯一クラシックに詳しくない、ある意味“異質”な存在。彼女がいるからこそ原作はより多くの人が世界に入り込めた。映画では、雅美の役割を、より強くしたい思いでブルゾンさんにオファーしました」と起用理由を説明。



 ブルゾンは撮影現場を「とても素敵なチーム」と振り返り「撮影期間は1、2ヶ月ぐらいだったのですが終わるのが凄く寂しかった」と話す。完成版を観た感想は「現実的な話なんだけど、どこか違う世界、夢の世界に入りこんだような気持ちになり、儚く切ない気持ちにもなりました」と話している。



 さらに、本作の予告編映像が初解禁。亜夜に対して「ステージから降りると、いつも迷っているみたいに見えたから」と塵が言葉をかけたり、世界的指揮者・小野寺昌幸(鹿賀丈史)が「失礼。ピアノの音が出なくなったのかと思って」と未だ心のどこかにピアノへの迷いを抱えている亜夜の姿を中心に、4人のピアニストがコンクールを経て成長していく様子が切り取られている。

カテゴリ