松井玲奈、妊婦役を引きずる 私生活にも影響「小さな積み重ねが…」

松井玲奈、妊婦役を引きずる 私生活にも影響「小さな積み重ねが…」

 女優の松井玲奈が15日、都内で行われた映画『今日も嫌がらせ弁当』のトークショーイベントに出席した。



【集合ショット】イベントにはフレンズのえみそん、ひろせひろせも登壇



 ブログ発の同名のエッセイが原作の同作は、不器用な母娘の実話に基づく物語で、お弁当に込められる母から反抗期の娘への愛情あふれるメッセージが描かれている。主人公のシングルマザー・かおり役を篠原涼子、反抗期の娘の双葉役を芳根京子、双葉の姉・若葉役を松井が担当している。



 主題歌を担当しているフレンズのえみそん、ひろせひろせも登壇。女優の松井へ「役が抜けないことはないですか?」と役柄が私生活に影響を与えていないか質問すると「乱されちゃうこともあります」と即答した。



 松井は続けて「こないだ妊婦さんの役をやらせていただいて、撮影期間は短かったのですが、撮影中はずっとお腹が大きい状態でしたので、自然と腰が反った。腰で支える運動が癖ついてしまって、何かをする度に『よいっしょ…』と言っちゃったり」と照れ笑い。「小さな積み重ねが体に蓄積し、役が入っているんだなと思いました。お腹が大きい人の動きをしてしまって…」と説明した。



 そんな松井は今作では姉役。実生活では、兄がいるため「姉や妹がほしかった?」と質問が飛ぶと「ないですね~」ときっぱり。「お兄ちゃんがいると男の子の遊びもできて、女の子の遊びもできる」と明かしつつ「家に帰ればゲームもあるし、リカちゃん人形もある。ロックマンとリカちゃん人形でバトルができるし、それが楽しかった」と笑わせていた。
カテゴリ