真夏に凍死?不審な死の真相に挑む朝顔 恋人の桑原は朝顔にプロポーズするが…

真夏に凍死?不審な死の真相に挑む朝顔 恋人の桑原は朝顔にプロポーズするが…

7月15日(月)21時~『監察医 朝顔』第2話





監察医 朝顔 第2話完全版


朝顔(上野樹里)が法医学者として働く興雲大学の法医学教室に、アルバイト希望の医学部生・安岡光子(志田未来)がやってくる。光子は、アルバイト募集の古いチラシを持っていた。時給目当てで応募しただけで法医学には何の興味もなく、周りの空気を読まずに思ったことをすぐ口にする光子に、あっ気にとられる高橋(中尾明慶)や絵美(平岩紙)、藤堂(板尾創路)たち。主任教授の茶子(山口智子)は、そんな光子を気に入り、採用を即決する。





同じころ、野毛山署強行犯係の平(時任三郎)と桑原(風間俊介)は、繁華街の路地裏でスーツ姿の男性(川瀬陽太)の死体が発見されたという知らせを受け、現場に急行する。男は、財布やスマートフォンなど、身元の手掛かりになるものは何も所持していなかった。

検視官の伊東(三宅弘城)は、熱中症による急性心不全の可能性に言及しながらも、司法解剖をしてもらった方が良いと告げる。平は、遺体と一緒に興雲大学の法医学教室へと向かうよう桑原に指示すると、現場周辺の捜査を始める。

連絡を受けた茶子は、藤堂に解剖の執刀を頼み、朝顔にもサポートをするよう指示する。ほどなく、遺体が運びこまれた。丁寧に調べていく藤堂と朝顔。ところがその最中、記録用に写真を撮っていた光子は、あまりの光景にショックを受け、意識を失い倒れてしまう。そんな光子を室外に出し、解剖を続けた朝顔たちは、この男性が30度を超える暑さの中でなぜか凍死していたことを知る。朝顔は確認のため現場へ向かった。が、やはり凍死するような場所ではなかった。





平は、所持品をどこかに忘れてきた可能性を考え現場付近の飲食店を当たった。また、凍死ということから冷凍施設も調べたが、いずれも手がかりは得られなかった。

その夜、朝顔と桑原は、もんじゃ焼きの店『さぶちゃん』で食事をする。その席で、桑原はいきなり朝顔にプロポーズした。突然のことに驚きながらも、「ここでプロポーズするかね?」とあきれる朝顔。帰り道、朝顔は、タイミングの問題だけで結婚することが嫌というわけじゃない、と桑原に告げ……。

帰宅した朝顔は、洗濯物を取り込む際に感じた夜風がヒントになり、もう一度現場を訪れる。すると、遺体発見現場は、夜になるとビル風が強く吹き抜ける場所であること、道路の真下に通っている水道管のせいで地面の温度も低かったことに気づく。

そんな折、男性が亡くなる直前に食べていたものが判明する。それは、フグだった。

一方、平と桑原は、男が「課長」と呼ばれているホームレスだったことを掴む。いつも暑苦しいスーツを着ていたことから、仲間内でそう呼ばれていたらしい。





再検査の結果、課長の血液からテトロドトキシンが検出されたことから、朝顔たちはフグの種類を特定しようと動き始める。光子の紹介で、興雲大学小田原キャンパスの海洋生物研究所の協力を得ることができた朝顔たちは、日本沿岸で獲れるフグを集め、照合を始める。

同じころ、ホームレス仲間への聞き込みを続けていた平は、ホームレスが所有していた自転車に注目する。自転車のタイヤには乾きかけた泥がこびりついていた。河川敷から離れた場所で自転車のタイヤ痕を見つけた平は、土中に半分埋められた鍋に気づく。そこには、鍋のほか、お椀や箸も埋められていた。

平と桑原は、ホームレス仲間の田所(高橋努)を訪ねた。以前、彼から話を聞いた際に、調理器具が揃っているにもかかわらず、鍋がないことが気になっていたのだ。田所は、桑原がフグのことを切り出すと、突然逃げ出す。桑原は、田所を追いかけ、何とか身柄を確保した。





朝顔たちは、課長が食べていたのはヒガンフグで、しかも特に毒の多い部分を大量に摂取していたことを知る。つまり彼は、自らの意思で毒を食べ続けていたのだ。法医学教室にやってきた平は、田所から得た証言を朝顔たちに伝えた。あの日、課長は自ら釣ったフグを持ち帰り、どうせなら美味いものを食って死のうと思う、と言ってそれを食べたのだという。ほどなく、課長が苦しみ出した。そのままどこかへ去って行く課長。それを見ていた田所は、関わりを隠すために、調理に使われた鍋などを埋めに行ったらしい。しかし、何故課長が路地裏で倒れていたのかはわからなかった。朝顔は、仮説として、あまりの苦しさに発汗した課長が、涼しい場所を求めて路地裏にたどり着き、そこで凍死したのではないか、と平たちに告げる。

ほどなく、絵美から課長の身元が明らかになったとの報告が入る。静岡の歯科医院で確認が取れたのだという。課長の名前は鈴木良一55歳。数年前まで一流企業のサラリーマンだった。が、最近母親が亡くなり、身内は誰もいないという。





平たちが帰った後、朝顔は茶子と一緒に屋上でアイスを食べた。そこで、母・里子(石田ひかり)の生まれ故郷に行ったこと、そして電車を降りたら怖くなって一歩も動けなくなってしまったことを打ち明けた。

朝顔が法医学教室に戻ると、光子たちが集まっていた。アルバイト募集のチラシの謎が解けたのだという。チラシは、古い法医学書に挟まれていた。本の著者は茶子だった。巻末の著者近影を見た藤堂や絵美は、茶子が当時とまったく変わっていないことに驚き……。

朝顔が帰宅しようと教室を出ると、桑原が待っていた。桑原は、法医になったのは平の影響なのかと朝顔に尋ねた。そこで初めて、里子が8年前のあの日にいなくなったこと、そこで茶子に出会い、母を探しながら手伝いをするようになったこと、平が県警本部から所轄に異動させてもらっていまでも里子を探し続けていることを打ち明ける朝顔。しばらくして茶子は、母を探す前にまず自分たちの生活を立て直すよう朝顔にアドバイスしたのだという。

家に帰ってからずっと引きこもっていた朝顔は、あるとき、テーブルの上に置かれていたおにぎりを手に取った。平が握ったものだった。それを食べた朝顔は、母のために何かしなければと考え、突然、法医になろうと思ったのだという。泣きながら朝顔の話を聞いていた桑原は、改めて朝顔にプロポーズした。どうしてもいま言いたくなったのだという。朝顔は、その思いに「はい」と応え……。





朝顔が帰宅すると、平がカレーを作っていた。平は、ふいに、桑原と付き合っているだろう、と朝顔に切り出した。朝顔がそれを認めると、挨拶もなければ紹介されてもいない、と言い出す平。平は、以前言った、朝顔が決めた人ならいい、という言葉も撤回するという。「あいつは俺の部下だ。話が変わってくる」。平は、朝顔にそう告げ……。


番組情報


『監察医 朝顔』


<放送日時>


毎週月曜 21時00分~21時54分


<出演者>


上野樹里 
時任三郎 
風間俊介 

志田未来 
中尾明慶 
森本慎太郎(SixTONES/ジャニーズJr.)
藤原季節  
斉藤陽一郎
坂ノ上茜 
喜多乃愛
きづき
宮本茉由
 ・
平岩紙 
戸次重幸
 ・
石田ひかり
 ・
三宅弘城 
板尾創路 
山口智子 
柄本明  

カテゴリ