いつも惜しいところで付き合えない女性の特徴3つ

いつも惜しいところで付き合えない女性の特徴3つ

彼氏を作りたい……。そう思って、合コンもがんばって、男性といい感じにはなるのに、あと一歩のところでお付き合いまで行かない。


そんな女性も意外と多いのではないかと思います。


そこで、女性が気づいていない、男性が「やっぱり付き合うのはやめよう」と思うポイントをご紹介いたします。



本音を言わなくてわかりにくい


いいところまでいっているのに、お付き合いということにならない女性の多くに、「本音を言わなくてわかりにくい」というタイプの人がいます。


恋愛下手な女性は、自分の意見を言わずに、男性を立てたり、合わせたりする人がいますが、男性はこういう女性は好みません。


相手に合わせるのは大事なことですが、いつも相手に合わせてばかりいると、「考えていることがよくわからない人」という印象しか残りません。


お付き合いするに際して、男性も一生懸命あなたのことを知ろうと努力しています。


でも、あなたがどういう人なのか見えてこないと、「よくわからない人」から「得体の知れない人」に変わってしまいます。


そうなれば、付き合わない方が無難だなと思ってしまうのは仕方がないですよね。


まじめすぎて重い


まじめな女性は素敵ですが、あまりまじめすぎるのも問題です。


まじめすぎると、すべてが重すぎて、男性は辟易してしまいます。お付き合いに発展しないのも当然のことですよね。


慎重なのは女性として必要ではありますが、まだ、お付き合いにも発展していない状態では、あなたと同じで、男性もあなたのことを様子見の段階です。


付き合おうかどうしようかと考えているその状態で、何かにつけて重い女性は、「何かあると『責任とって』って言われそう……。」と男性に思わせます。


そうなれば、男性もちょっと付き合うのはやめておいたほうがいいと思ってしまいますので、気をつけましょう。


受け身体質


付き合えない女


受け身体質の女性も、なかなかお付き合いに発展しません。


昔は男性がリードするものでしたが、いまは草食男子も珍しくない時代です。


男性の積極性が欠ける今、ただ受け身で待っているだけならばお付き合いには発展しづらくなって当然です。


お互い平行線が続いて、そのまま熱も冷めて結局交際に発展しなかったということも珍しくありません。


女性が少し積極性を持たないとなかなかお付き合いに発展しないのが現状です。


まとめ


男性とお付き合いをしたいと思ったら、自分からアタックするような積極性も今どきは大事になってきます。


お付き合い=即結婚ではないので、たくさんの男性と知り合う機会を楽しみましょう。


(如月柊/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ