“夏バター”で暑い季節をひんやり過ごそ♡カノーブルから夏のひんやりご当地かき氷フレーバーバター2種類が発売!


「CANOBLE(カノーブル)」から、夏の「ひんやり」ご当地かき氷フレーバーのバターが7月17日(水)から販売開始♡



気になるフレーバーやパッケージをさっそくチェックしてみましょう!



練乳にフルーツ♡鹿児島「白くま味」





夏スイーツの中でも現在ブームとなっている「かき氷」。



そのご当地かき氷の元祖とも言える2種類のフレーバー、鹿児島の「白くま」と秋田の「生グソ」をバターに仕立てて、夏をひんやり過ごす「夏バター」として登場させちゃいました♡



鹿児島生まれの全国区、大人気のかき氷「白くま」をバターにして再現されたのが、「白くま味」の夏バター(税別690円)



練乳をたっぷり練り込んだフレッシュバターにパイナップル、パパイア、マンゴー、キウイ、ストロベリー、メロンのドライフルーツを加えて、白くまの濃厚なミルク感とフルーツのフレッシュ感が表現されているのだとか♩



さらに、ジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感がプラスされています。





パッケージにはかわいい白くまのイラストが♡



さわやか果汁感がたまらない♡秋田「生グソ味」





秋田県で愛されている、生のグレープフルーツ果肉入りシロップにソフトクリームをトッピングしたかき氷もバターで再現!



その名も「生グソ味」の夏バター(税別690円)



フレッシュバターにグレープフルーツ果汁とソフトクリームを練り込み、ソフトクリームのミルク感とグレープフルーツの酸っぱい爽やか果汁感を表現しています。



こちらもジャリジャリ砂糖とブドウ糖を加え、かき氷のシャリシャリ食感とひんやり感をプラス♩





パッケージには生グソのイラストが。シンプルなデザインがかわいいですよね♡



他にもおいしいフレーバーバターがたくさん♡



「CANOBLE(カノーブル)」では、この他にも、スイカ味のバターや、チョコミント味のバターなど、思わず食べてみたくなるフレーバーバターがたくさん!





スイカ味は、焼き込んだマフィンにのせて頬ばると、しっかりとしたスイカのフレーバーがふわっと香り、そのあとにクーベルチュールチョコレートのビターな味わいがグッと入ってきて、最後にミルクの風味が抜けていく味。





倉吉すいかの爽やかな甘さには、同じ中国地方の岡山県産アップルミントを使った夏バターの「瀬戸内チョコミント」がぴったり。アイスハーブティーなどと合わせて涼し気な朝食を。



見ても楽しい、食べてもおいしい「CANOBLE(カノーブル)」。いろんな味のバターをこの夏楽しんでみませんか?




「CANOBLE(カノーブル)」



URL: https://depa.jp/

Facebook https://www.facebook.com/nationaldepart/ 

Twitter https://twitter.com/nationaldepart




カテゴリ