総勢745名がつないだリレーがついにゴール!東京のたすきリレーを生中継

総勢745名がつないだリレーがついにゴール!東京のたすきリレーを生中継

毎週(月)~(金)5時25分~8時『めざましテレビ』





2020年東京オリンピックを前に、2018年7月から始まった『めざましテレビ』25周年企画「GO FOR 東京2020 日本つながるプロジェクト」が、7 月23日(火)に東京でゴールを迎えることとなった。

「日本つながるプロジェクト」は、1964年東京オリンピックの聖火ルートを再現し、全国のキラビト(秀でた才能を持ったキラキラ輝いている人)や1964年の聖火ランナー、趣旨に賛同してくれた有名人、『めざましテレビ』の出演者がたすきリレーを行い、日本をひとつにしようという試みだ。

これまで、46道府県を総勢745名のキラビトとタカ1羽、ロボット1台、犬1匹、そしてくまモンが走り、全国855キロの道のりをたすきでつないできた。そしてついに、23日(火)に最後の地・東京へとたすきがつながり、約1年をかけたプロジェクトが大団円を迎える。


1964年の聖火リレー最終ランナーのお孫さんも走る!




左から)坂井聖奈ちゃん、坂井恵ちゃん


当日は、番組内で随時たすきリレーの様子を生中継するほか、メーンキャスターの三宅正治アナウンサーと永島優美アナウンサーがスタジオを飛び出し、東京たすきリレーを全力でサポート。

リレーの最終走者には、1964年の聖火リレー最終ランナーで2014年に死去した坂井義則さんの孫、坂井聖奈ちゃん(10歳)と恵ちゃん(6歳)が決定した。2人の孫が、祖父の思いを胸に走り抜ける。また、VTRでは坂井義則さんの親友や弟など、ゆかりのある方々が思いを語る。


TRIQSTARは、ゴール地点で生パフォーマンス!




TRIQSTAR


本プロジェクトの最後を飾るゴール地点で生パフォーマンスを披露するのは、世界的に活躍するダンスクリエーティブ集団「TRIQSTAR(トリックスター)」。 “日本から世界へ”をモットーに活動しており、唯一無二のダンススタイルで話題を集めている。

2015年には、世界的にも有名なオーディション番組『Asia’s Got Talent』にて、1000組を超えるパフォーマーの中から日本人で唯一、決勝の最後の6組に選出され人気を博した。そんな彼らが生放送で一体どんなパフォーマンスを見せるのか?


<「日本つながるプロジェクト」とは>


1994年に放送を開始し、今年で25周年を迎える『めざましテレビ』のテーマは「つなぐ」。2020年東京オリンピック・パラリンピックを前に、1964年東京オリンピック聖火リレーのルートを、当時の資料をもとに探し出し、主要な場所をたすきリレーで“つなぐ”。

そして、日本全国を縦断しながら、世界の人々に見てもらいたい日本の超絶パフォーマンスを発掘する。リレーは2018年7月15日(日)に沖縄からスタートした。百田夏菜子(ももいろクローバーZ)や山崎育三郎、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEなど、数々の有名人もリレーに参加。これまで46道府県でたすきをつなぎ、残すは東京都のみで、7月23日(火)の生放送中にゴールを迎える予定だ。


番組概要


『めざましテレビ』


<放送>


毎週(月)~(金)5時25分~8時 


<メーンキャスター>


三宅正治 (フジテレビアナウンサー)
永島優美(フジテレビアナウンサー)

カテゴリ