『なつぞら』のあの少年が息子役に!エンケン絶賛「芸歴は3年だけど結構ベテラン」

『なつぞら』のあの少年が息子役に!エンケン絶賛「芸歴は3年だけど結構ベテラン」

8月3日(土)23時40分スタート『それぞれの断崖』





この少年を見て「どこかで見たことあるぞ!?」と、ピンと来た方は、かなりのドラマウォッチャーに違いない。

遠藤憲一主演、オトナの土ドラ『それぞれの断崖』は、志方恭一郎(遠藤憲一)の中学生の息子・恭介が、13歳の同級生に殺害されたことをきっかけに、崩壊する家族とその再生を描く社会派人間ドラマ。

その恭介を演じるのが、渡邉蒼(わたなべ・あお)。現在放送中の連続テレビ小説『なつぞら』で、主人公なつの兄・咲太郎の少年期役にも抜擢された、いま注目の中学3年生。軽やかなタップダンスを披露した少年といえば、思い出す人も多いはずだ。





オーディションでこの役を勝ち取った渡邉は、出演者やスタッフが初めて揃う顔合わせで、「短い人生を一生懸命やります!」と宣言。

クランクインでは、“家庭内暴力”をふるう激しいシーンから入ったにも関わらず、遠藤演じる父親・恭一郎を前に、ヒートアップした揉み合いや掴み合いを見せるなど、芸歴3年とは思えないほど堂々とした演技を見せた。





残念ながら、第1話で命を落としてしまう恭介。最後の撮影は、“13歳の同級生”満(清水大登)に刺されてしまう印象的なシーンとなった。

スタッフの「恭介役の渡邉蒼くん、全編終了です」の声に拍手が起こり、別室で控えていた遠藤が登場。蒼(あお)という名にちなんだ青い花のブーケと共に「頑張ったね」と労いの言葉をかけられ、渡邉は笑顔を見せた。




左から)志方恭一郎(遠藤憲一)、志方恭介(渡邉蒼)、八巻満(清水大登)


<渡邉蒼コメント>





Q.最初の撮影が“家庭内暴力シーン”でしたが…?

家庭内暴力をしたことがないので、どんな感じかもわからなかったんですけど、ちょっとでも遠慮する気持ちがあったりするとリアルさが出ないかなと思ったので、相手が遠藤さんだとか全く考えずにやろうって決めて、とにかく暴れました(笑)。

遠藤さんも僕も、結構本気で掴み合ったりしてたんで、家に帰って服を脱いだら、掴んだ跡が付いてて。でも、それも気づかないくらい必死で演技してて、楽しいって言ったら変かもしれないですけど良い経験にもなり、楽しかったです。

Q. 遠藤さんとの初共演はどうでしたか?

今までドラマや映画で見ていた遠藤さんが隣にいるのは、とても緊張しました。でも遠藤さんの方から僕に沢山声をかけていただいて。初日から「リアルな14歳の言葉が見たいから台詞、全然変えちゃっていいから」って言って下さって、お芝居というより、2人で話させてもらっているという感じでやらせていただきました。

Q. 同じく初共演となる雪子ママ(田中美佐子)の印象は?

美佐子さんは、本当にフレンドリーな方で話がすごい楽しくて。家庭内暴力のシーンも僕が緊張して真顔になっていたら、たくさん話しかけて来て下さって。そのおかげで気持ちが楽になり、演技がよりリアルにできたんじゃないかと思い、感謝しています。

Q. 視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。

このドラマで僕が最初に出るのが家庭内暴力のシーンなので「なんだ!?この息子ヤバイじゃん」みたいな感想で始まると思うんですけど、そこから「なんで恭介が殺されたのか」とか「満とどういうことがあったのか」とか、事件の謎みたいなものが、僕がお父さん(遠藤)に隠していたことと一緒に明かされていくという“発見”が多いと思うので、そこに注目して見ていただけたらいいなと思います。


<遠藤憲一コメント>


彼は、ナチュラルでナイーブな芝居をする子なんで、その辺が恭介役にぴったりだなぁと。芸歴は3年だけど結構ベテランだと思った。芝居の感性とかこだわりとかすごい持ってるから。以前、録音部さんに「もう少し声を出して欲しい」って言われて「これ以上は、役がら的に(気持ち的に、感情的に)キツイだろうな」と俺は思って。

でも、彼まだ若いから「これ以上、声出ません」なんて言えないし、実際言わないから、俺が横で「気分的にこれ出ねぇよな?」って聞いたら「出ないです」ってはっきり言って。気持ちに嘘つくのが大嫌いな子なんだってすぐわかったから、優秀な子だなと。その思いでずっといけば、どんどん伸びていくだろうなと感じました。


番組概要


オトナの土ドラ『それぞれの断崖』


<放送>


8月3日(土)23時40分スタート


<出演者>


遠藤憲一
田中美里
清水大登
渡邉 蒼
永瀬莉子
仁村紗和 
内田 滋
梨本謙次郎
目黒祐樹 
 ・
田中美佐子

カテゴリ